受託研修事業

中国大学管理幹部特別研修

Special Training Program for Administrator from Chinese Universities

講義風景

プログラム背景

陝西理工学院開講式 陝西理工学院開講式

国際協力機構・JICA(当時の国際協力銀行・JBIC)は2001年度より、中国の内陸部の19省・市・自治区の168大学を対象にハード面(校舎建設、教育設備等)、ソフト面(日本向け研修プログラム)を支援するための円借款を実施しており、そのうち、貸付額の4~5%を人材養成のための研修費用に充てることになっています。

円借款による研修内容は、[1]円借款で購入した教育設備等に関する教員の研修、[2]個々の研究者の専門分野に関する研修、[3]学校の管理運営に関する研修、とされています。2004年3月15日、学校法人立命館は日本国際協力銀行との間で、このうちの「[3]学校の管理運営に関する研修」として「中国の大学管理運営幹部特別研修」のプログラムを開発する契約を締結しました。主として日本の私立大学における管理運営・財政・教学の改革に係る経験等について学ぶ短期集中コースです。

プログラム概要

この研修は、中国内陸部の大学において管理運営に携わっている教職員、幹部候補の大学教職員、およびそれらの大学を所管する教育庁関係者を対象としています。研修は、現在、高等教育の大衆化段階を迎え教育・研究・管理運営にわたって様々な課題に直面している中国の各大学に日本の経験を参考にしてもらい、今後、中国における大学の改革・管理運営向上を担う人材養成を行うことを目的としています。

対象国 中国
対象者 中国内陸の省・市・自治区の大学管理教職員、幹部候補の大学教職員、教育庁関係者
期間 2週間~4週間
人数 20名程度
カリキュラム
  1. 講義:日本の高等教育制度や大学の管理運営の実例などについて
  2. フィールドワーク:政府行政機関・国際協力機構・他大学訪問、日本文化体験
  3. 報告会
言語 日本語(中国語逐次通訳)
費用 授業料、通訳費、翻訳費、フィールドワーク費、宿泊費、食費、交通費、式典関係費、間接経費10%、消費税8%。
※詳細はお問い合わせください。
ロジスティクス 実施機関である立命館大学が、研修施設との利便性を考慮して宿泊先を手配します。食事・交通については、立命館大学が用意する場合を除き、必要な費用をオリエンテーション時に支給します。
研修施設 立命館キャンパスを基本とし、フィールドワークでは政府行政機関や他企業・大学を訪問します。
修了証書 研修最終日の修了式において、「修了証書」及び「受講証明書」を授与します。
実績 2004年8月29日から2013年10月12日までの期間中
合計37回  研修員949名