受託研修事業

JICA課題別研修
「世界遺産の適切な管理を通じた観光振興」

Knowledge Co-Creation Program (Group & Region Focus)
Tourism Development through Appropriate Management of the World Heritage Site

高山市内見学

プログラム背景

立命館は、2014年度まで11年間に亘り「独立行政法人国際協力機構(JICA)関西センター」(以下、JICA)から委託を受け、集団研修「町並み保全の手法と運営」「歴史都市の保全・防災と文化観光への活用」を実施し、京都・奈良を中心とした歴史・文化遺産の保存・修復の仕方をいかに観光振興につなげるかについて様々なアプローチ方法を伝えてきました。それらのリソースを引き継ぐかたちで、2016年度より3年間にわたり、世界遺産に焦点を当てた課題別研修を受託することになりました。本研修では、世界遺産の管理に携わる各国の行政官・専門家が、理論や制度、日本の事例に関する講義、研修旅行を通じ「世界遺産サイトの運営管理を通じた観光振興への活用」の具体的施策づくりを学びます。

  • 宇治市内散策 宇治市内散策
  • 熊野古道フィールドワーク 熊野古道フィールドワーク

プログラム概要

研修カリキュラムとしては、
[1]日本の世界遺産管理と観光開発についての国および地方自治体の政策、法制度
[2]国レベル、地方自治体レベルの官民連携の運営・管理体制
[3]世界遺産サイトのキャリングキャパシティの管理・体制
[4]世界遺産サイトの観光施設・設備の管理・体制
[5]世界遺産サイトのインタープリテーションの適切な活用
[6]日本における世界遺産の保護・保全・保存・修復
[7]世界遺産サイトの自然災害対策などの取組
[8]世界遺産サイトの保存・修復を通した運営・管理と観光振興につなげるポイント
[9]世界遺産サイトの新しい観光賞品やサービス
[10]世界遺産サイトの観光振興の向上・改善
[11]研修員が担当する国・地域において、世界遺産サイトの観光振興を実施するための、
アクションプラン策定
などといった内容で構成されています。

対象国 開発途上国(アジア、アフリカ、北欧、中南米など)
対象者 開発途上国の世界遺産の管理、観光政策に携わる行政官、専門家など
期間 6週間
人数 12名程度
カリキュラム
  1. 講義:世界遺産の保全と観光振興、景観保全、文化財の防災対策、組積構造の防災など
  2. フィールドワーク:京都の町並み、広島の平和記念碑、宮島、白川郷合掌造り集落、高山市など
  3. アクションプラン発表会
言語 英語(必要に応じて通訳を配置)
費用 授業料、通訳費、フィールドワーク費、宿泊費、食費、交通費は全てJICAが負担します。他、業務管理費、業務人件費。
※詳細はお問い合わせください。
ロジスティクス JICAが施設との利便性を考慮して宿泊先を手配します。食事については、学校法人立命館が用意する場合を除き、JICAより必要な費用を支給します。
研修施設 立命館大朱雀キャンパス、およびJICA関西を基本とし、フィールドワークでは地方自治体や他の研修機関を訪問します。
実績 2016年度:2016年8月15日~2016年9月24日、2017年1月16日~2017年2月25日
2017年度:2017年7月17日~2017年8月26日
コースリーダー 立命館大学理工学部 名誉教授 山崎正史