言語教育・留学

多彩な語学教育と留学制度

多彩な語学教育と留学制度で、コミュニケーション能力を磨きます。英語で専門科目を学ぶこともでき、高度な語学力が身につきます。

語学教育:充実した英語教育をはじめとした、8言語の外国語科目を開講。

国際関係学部では、6つの国連公用語(英語・フランス語・中国語・スペイン語・アラビア語・ロシア語)にドイツ語と朝鮮語を加えた、8言語の外国語科目を開講。グローバルな舞台で活躍するために不可欠な高度な外国語能力を養います。なかでも英語教育を重視し、英語で「読み・書き・聞き・発信する力」を身につけ、「英語を使って仕事ができる」総合的かつ高度な英語力習得をめざします。

留学:毎年100名以上の学生が海外へ。多彩な留学プログラムを用意。

最短4年で日米両大学の学位を修得
学部共同学位プログラム(DUDP)
〈Dual Undergraduate Degree Program〉

立命館大学に在籍しながら、2年間アメリカの大学で学び、最短4年間で両大学の学位を取得できるプログラム。国際関係学部で全米トップクラスの評価を受けるアメリカン大学に留学するプログラムと、国際関係学部の学生のみが参加できるサフォーク大学へ留学するプログラムがあります。

世界の課題を学び、国際リーダーを養成
立命館・UBC・ジョイントプログラム 〈1学年間〉

「Global Citizenship」をテーマに、環境問題や平和構築といったグローバルな課題を考え、その解決の道筋を探るとともに、カナダでの生活を通して国際人として成長することをめざしたハイレベルなプログラムです。

協定大学・期間で1年間、専門領域を学ぶ
交換留学 〈1学年間〉

海外の協定大学へ、1学年間(または1セメスター間)留学する制度。現地の学生と同様に各学部に所属し、専門分野に応じた正規開講科目を受講。留学先の大学で取得した単位は、上限60単位まで認定されます。

派遣先国・大学ならではのテーマを学ぶ
1セメスター留学 〈9〜14週間〉

海外の大学でテーマに沿った専門科目を履修しながら、高度な語学力と海外での学び方を学習。派遣先国・大学の特徴を活かした授業を受講します。

国際PBLによるイノベータ育成プログラム

環境や開発、都市の問題、ビジネスの展開、そして多文化間の摩擦と共生など、多種多様な問題が山積し、模範解答が見出しにくい現在、日本とインドネシア・タイの学生がPBL(Problem/Project-Based Learning)学習として、自ら課題を設定し、現地調査、フィールドワークなどによりその解決策を考える取組みを通じて、グローバルな視野とイノベーティブなマインドを育成する国際連携教育プログラムです。

イニシエーション型

海外経験があまりない人や、語学レベルが初級者向けの異文化体験・語学修得を中心とした短期研修。

モチベーション向上型

特定のテーマ設定による講義やフィールドワークなど

短期留学 〈4週間〉

海外で短期間集中型の学習を行い、語学力と異文化への理解力を深めます。英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、中国語、朝鮮語のプログラムが用意されています。

短期の外国語学修やフィールドワークを実施
異文化理解セミナー 〈4週間程度〉

異文化理解をテーマに、海外の大学で外国語学習・フィールドワークなどを実施。20年の歴史を持つ、立命館大学の海外留学プログラムにおける草分け的存在です。

世界60ヵ国・地域、387の大学や研究機関と連携
留学ネットワーク

立命館大学の世界へ広がるネットワークを活かして、国際関係学部で学ぶ学生のおよそ3分の2が、在学中に海外留学を経験しています。

教科書では学べない、リアルな「国際関係」を体感。
大西 清太郎さん

カナダのオカナガンカレッジへ、約8カ月間留学。語学のほか、英語で営業の交渉術を学ぶ「プロフェッショナルセーリング」などの授業に力を入れて学びました。

留学して良かったと思うのは、教科書を読むだけではわからない、リアルな「国際関係」を体感できたこと。私が住んでいた学校の寮は、さまざまな国の留学生やカナダ人学生が住む、世界の縮図のような環境。そこでの交流を通じて、教科書で見ても漠然としたイメージだった無色の「国名」を、その国の人との記憶に彩られた「国」として実感できるようになりました。

また、語学力が伸び、TOEIC®のスコアが930点にまでアップしたことも留学の成果です。

APSIA加盟校:日本で唯一、APSIAに正会員として加盟。

APSIA(Association of Professional Schools of International:国際関係大学院協会)は、国際関係学の教育・研究で世界をリードする大学・大学院の組織であり、ハーバード大学やイェール大学をはじめとするトップレベルの大学が加盟しています。立命館大学大学院国際関係研究科は、日本の大学・大学院のなかで唯一、正会員としてAPSIAに加盟。国際関係学の教育・研究で日本をリードする存在として世界的に認められています。