教員紹介

Takayoshi Kitamura

北村 尊義

北村 尊義
所属学部
情報理工学部
職位
助手
専門
ヒューマンインタフェース
担当コース
過去の部活動
生徒会長
得意な科目
歴史
苦手な科目
化学
おすすめの書籍

論理トレーニング101題野矢 茂樹 産業図書

情報理工学の魅力・面白さとは、どのような点にあると思われますか?

私たちは情報に囲まれて生きています。物を見たり、音を聞いたり、話しかけたりといったことは、視覚情報、音声情報、言語情報といった情報です。情報理工学は私たちにとって最も身近で、しかもとても重要なことを対象に、どのようにすれば便利になるのかを科学することができる領域です。私はそれが魅力であり、面白さだと思っています。

卒業後、情報理工学部で学んだことはどのように役立つでしょうか?

卒業する頃になると皆さんは情報機器の使い方や用い方について、他の学部に進学した人と比べて圧倒的に詳しくなります。もちろん他の学部の人だって皆さんの知らないことに詳しくなっています。しかし、いまやあらゆる仕事でほぼ必須になっているPCなどの情報機器の操作やプログラミングにおいて詳しいということはとても有利にだと思います。

先生の代表的な研究・活動内容、現在の研究テーマについて、教えてください。

私は情報の伝え方、見せ方の研究をしています。例えば災害時にどのようにすれば人を安全に避難させることができるのかということを研究しています。また、どのようにすれば観光を楽しむことができるのかといった研究もしています。他にもゲームやスポーツの研究にも取り組んでいます。

これから入学する学生に、どんなことを期待されますか?どう成長してもらいたいですか?

皆さんが子供の頃から今接しているLineやtwitterなどのコミュニケーションツールは、情報システムは私たちの子供時代にありませんでした。これらが当たり前になった世代がもっと斬新で面白いものを提案してくれると期待しています。どんどん新しいアイデアを出してくれる人に成長してもらい、是非とも研究仲間になって欲しいです。

担当コース

経歴・業績について

同じコースの教員