2018年7月14日(土)、立命館大学朱雀キャンパスにおきまして「2018年度新任教員対象FDプログラム」ワークショッププログラムを開催いたしました。当日参加人数は21名と盛況な研修会となりました。
今回は青年期への理解を深めるとともに、それを踏まえてコーチングやコミュニケーションを取れるようにと講義及びスキルトレーニングのワークショップを行いました。
 
13時から16時半までの研修会は、教育開発推進機構の藤本学先生が先生が担当なされました。
前半は「青年期の心理を踏まえたコーチング」と題して、青年期の心理的理解とともにコーチングの技術について学びました。
「コーチングのありかたや定義をしっかり学べた」、「セミナーを受講しているようで面白く、また有意義な内容であった」、「学生と関わる技術のヒントをいただくことができた」等の声をいただきました。


            <講義の様子>

また、後半は「学生とのコミュニケーションに求められるスキル」と題して、「アサーション・トレーニング」「犬バラ法」といったスキルトレーニングのワークショップを行いました。「学生と実習授業でコミュニケーションを取ることが多いので、学ぶことが多かった」、「傾聴することや相手に安心感を与えられるように話しをしたり、聞いたりして、コミュニケーションをしっかり取っていきたい」等の声をいただきました。

            <WSの様子>

実践的FDプログラムについてはこちらをご覧ください。