立命館大学 法学部

文字サイズ

在学生の皆さんへ

  • 法学部における授業改善
  • 法学部の主張
  • 研究GATEWAY
  • HOME
  • 法学部における授業改善

法学部における授業改善

法学部における授業改善の取り組み

立命館大学法学部は、他の大学に先駆けて1回生時の小集団教育である「基礎演習」を導入するなど、早くから組織を挙げて授業改善に取り組んできたことで知られています。今も、その伝統は受け継がれています。

2009年度からは、「FD茶話会」を開催しています。

ちなみに、FDとは、「Faculty Development」の略称で、「大学教員の教育力量を高めるための組織的な取組み」を指します。「FD茶話会」は、ざっくばらんな雰囲気の中で、教員どうしが授業経験や学生の学びの実態について自由に意見交換できる場として設けられました。このような意見交換の中からカリキュラム改革のヒントが得られることもあります。

ここでは、最近の「FD茶話会」の記録をご紹介します。過年度の記録も、準備ができ次第、順次掲載する予定です。

ページトップへ戻る