立命館大学 法学部

文字サイズ

在学生の皆さんへ

法学部の外国語プログラム

法学部の外国語カリキュラム(2016年度以降入学生)

法学部では英語に加えてドイツ語、フランス語、中国語、スペイン語、朝鮮語の計6言語を提供しています。英語以外の5つはたいていの人が大学に入ってからはじめて勉強する外国語という意味で初修外国語と呼んでいます。地球上に存在する言語の数は4千とも6千ともいわれるなかで学部の専門性および現代社会との関連を基準として選び出したのがこの6言語です。

皆さんはこのなかから英語ともうひとつを選んで履修することとなります。英語を6単位(※)、初修外国語を6単位(※)履修することとなります。決めなければならないのは、初修外国語として何語を選ぶかということです。初修外国語については、後ろの解説をよく読み、選択の参考にしてください。そこには各言語の簡単な挨拶と短い文章を載せていますが、それぞれの生の音や映像にもっと触れたい人は、NHKのラジオとテレビの講座にチャンネルをあわせるとよいでしょう。また、各言語や文化を知るためのインターネット上のサイトも紹介しておきますので、そちらも参照し、多くの情報を得たうえで語種の選択を行ってください。

下の表は必修外国語のカリキュラム構成を示したものです。
1つのセメスター(※)には15週(15回)の授業があります。

1回生では英語を週に2回、初修外国語を週に3回学習します。たとえば初修外国語としてドイツ語を選んだ人は、1回生前期の第1セメスターで週に英語を90分×2回、ドイツ語を90分×3回受講し、5単位分の学習を行います(1回生後期の第2セメスターも同じです)。

2回生では英語を週に1回学習します。2回生になると初修外国語はありません(1回生だけです)。


英語6単位 初修6単位
1回生 1セメスター
(前期セメスター)
Ⅰ(2単位/週2回) 基礎(2単位/週2回)
表現Ⅰ(1単位/週1回)
2セメスター
(後期セメスター)
Ⅱ(2単位/週2回) 展開(2単位/週2回)
表現Ⅱ(1単位/週1回)
2回生 3セメスター
(前期セメスター)
Ⅲ(1単位/週1回)
4セメスター
(後期セメスター)
Ⅳ(1単位/週1回)

さらに外国語の力を伸ばすためのカリキュラム(高度学力養成科目)

先に、12単位というかなり多くの単位数が外国語学習の必修部分に充てられていると書きました。しかしこの数字も、ことばを学ぶという観点から見れば必ずしも多くの時間ではないのです。一般に1つの外国語をひととおりマスターするために最低限必要な時間として1000時間という数字が挙げられます。

大学での1単位は90分授業×15回=22.5時間で構成されています。予習復習の時間を加えて仮に1単位40時間勉強するとしても、6単位で240時間にしかなりません。必修部分は基本的な骨組みだと考えてください。

では、もっと力をつけるにはどうすればよいのか。法学部では学部展開(専門)外国語、学部英語副専攻、初修外国語衣笠キャンパス副専攻といった選択科目を設置しています。必修部分の構成と合わせて、これらの高度学力養成科目が必修部分にどうつながっていくのかを以下に示します。多くの人がこれらの科目にチャレンジして、高い外国語力を習得することを期待しています。

(これらの科目は今回の入学時に登録する科目ではありません。1回生の秋から2回生の4月にかけて説明やガイダンスがありますので、それにしたがって登録することになります。ここでは、必修の単位をとった後にさらにどのように外国語の勉強を続ければよいのか、イメージをもてるようにいくつかの履修パターンを図で示しておきます。)

【英語に力を入れて学習したい場合】

☆必修外国語+法学部英語副専攻(英語重点履修の典型的なパターン)

Eは英語、*は初修外国語の各1単位(90分授業×15週)を表します。

  必修科目 選択科目
英語 初修外国語 英語 初修外国語
1回生 前期セメスター EE ***    
後期セメスター EE ***    
2回生 前期セメスター E   法学部英語副専攻  
後期セメスター E   法学部英語副専攻  
3回生 前期セメスター     法学部英語副専攻  
後期セメスター     法学部英語副専攻  
・「法学部英語副専攻」は法学部の専門科目との連携を重視した学部独自開講科目
単位数は2年間で16単位以上

【初修外国語に力を入れて学習したい場合】

☆必修外国語+初修外国語副専攻(初修重点履修の典型的なパターン)

Eは英語、*は初修外国語の各1単位(90分授業×15週)を表します。

  必修科目 選択科目
英語 初修外国語 英語 初修外国語
1回生 前期セメスター EE ***    
後期セメスター EE ***    
2回生 前期セメスター E

  副専攻○○語
後期セメスター E

  副専攻○○語
3回生 前期セメスター       副専攻○○語
後期セメスター       副専攻○○語
・「初修外国語副専攻」は、ドイツ語、フランス語、中国語、スペイン語、朝鮮語を、衣笠の5学部で共通開講。単位数は卒業までに
16単位以上
※単 位

学習時間を数値で表したものです。外国語は、1週間に1回の授業(90分間)を、半年間(計15週間)学習することによって1単位が認定されます。

※セメスター

セメスターとは学期のことで、本学では1年間を2つのセメスターに分けています。
4月1日から9月25日までを前期セメスター、9月26日から3月31日までを後期セメスターとして位置づけ、その中で各15週、年間30週の授業を実施しています。

ページトップへ戻る