図書館の新型コロナウイルス感染症への対応について(更新:2020年10月16日)

  1. TOP>
  2. 研究支援

研究支援

教員・院生を対象に、図書館の各種制度や利用者向けサービスのうち、研究支援に関する情報をまとめています。

更新履歴

  • 2020.10.23    2020年度 11月以降の研究用図書予算について更新しました。詳細は、「研究に必要な図書資料を申請(購入)したい」から参照ください。
  • 2020.10.23    2020年度 11月以降の大学院図書予算について更新しました。詳細は、「研究に必要な図書資料を申請(購入)したい」から参照ください。
  • 2020.06.12    ケンブリッジ大学大学出版から、ウェビナーの案内がありました。「オープンアクセスや論文掲載料(APC)に関する情報を確認したい」の中の「セミナー イベント情報」でご確認ください。
  • 2020.04.21    2021年度 研究用逐次刊行物の購読タイトルについて情報を更新しました。詳細は「研究に必要な逐次刊行物を購読したい」を参照ください。
  • 2020.04.20    2021年度コア・データベース募集要項を公開しました。詳細は以下の「データベースを利用および申請したい」から参照ください。
  • 2020.03.18    2020年度「研究共通資料」の募集について資料を掲載しました。詳細は以下一覧から参照ください。(提出方法にメールを追加しました。5月26日更新)
  • 2019.12.23   CUPの論文掲載料(無料化)に関するチラシを掲載しました。
  • 2019.11.27   CUPジャーナルの論文のオープンアクセス化に関するマニュアルを掲載しました。詳細は「論文掲載料(APC)が無料化・割引されるジャーナル」ページを参照ください。
  • 2019.11.08     論文掲載料(APC)が無料化・割引されるジャーナルの情報について更新しました。 詳細は以下一覧から参照ください。
  • 2019.10.28   2020年度  コア・データベース選定結果について更新しました。 詳細は以下一覧から参照ください。
【概要】

〇 2020年度11月以降の研究用資料費(図書選定枠)の執行について<2020.10.23 更新>
〇 2020年度研究用資料費(図書選定枠)の執行方法について(2020.4.22)
〇 2020年度研究用図書推薦方法<館別予算(図書選定枠)>(個人)推薦<2020.10.23 更新>

【Webでの申請】

〇 約86万タイトルの洋書E-Book試読&リクエストサービス
Mediated DDAサービスについて
利用&申請方法マニュアル
〇 MyLibraryから図書申請

【申請に関わっての重要なお知らせ】

特になし

【申請・採択に関するお知らせ】<2020年5月26日更新>

〇 2019年度採択「研究共通資料」成果報告書 <2020年9月23日(水)更新>
〇 2020年度「研究共通資料」採択結果(2021年3月公開予定)
〇 2020年度「研究共通資料」 募集要項<提出方法にメールを追加しました>
〇 2020年度 研究共通資料申請書 <カテゴリーA>
〇 2020年度 研究共通資料申請書 <カテゴリーB>
〇 2020年度「研究共通資料」申請内容チェックリスト

〇 2020年度11月以降の大学院図書予算の執行について<10月23日更新>
〇 2020年度大学院図書予算について
〇 2020年度大学院購入希望申請書

【Webでの申請 】

〇 約86万タイトルの洋書E-Book試読&リクエストサービス
Mediated DDAサービスについて
利用&申請方法マニュアル
〇 MyLibraryから図書申請方法

【申請に関わっての重要なお知らせ】

特になし

【概要】

〇 2021年度研究用逐次刊行物の購読タイトルの維持について<4月21日(火)更新>

【参考】

見直し、新規タイトルの結果について
〇 2020年度逐次刊行物の見直し結果について

【概要】

〇 ビッグディールの概要
〇 2020年度ビックディール契約一覧

【オープンアクセス、廃刊に関する情報】

〇 Taylor & Francis 理工学系コレクション
国立情報学研究所(NII)の支援により、ナショナルアカデミックライセンスとしてTaylor & Francis 理工学系コレクション3 分野の電子ジャーナル(124 タイトル)のバックファイルが無償で利用が可能になりました。
タイトルリスト一覧

データベースを利用する・コアデータベースに申請する(教員・院生)

【概要】

〇 本学で利用可能なデータベースの一覧(一部、フリーアクセスのサイトを含む)

【申請・採択に関するお知らせ】

〇 2020年度コア・データベース選定結果について<2020年3月26日(木)更新>
〇 2021年度コア・データベース募集要項<2020年4月20日(月)更新>(募集は終了しました)
〇 2021年度コア・データベース購入希望申請書<2020年4月20日(月)更新>(募集は終了しました)
〇 2021年度コア・データベース購入希望申請書<2020年4月20日(月)更新>(募集は終了しました)

【参考】
【無料トライアルの実施】

現在実施している無料トライアルはありません。

オープンアクセス(Open Access:OA)とは、論文をウェブ上に公開し、誰もが無料で閲覧できる状態にすることです。電子ジャーナル問題などを背景に、世界規模で急速に普及してきており、2017年に実施された調査によれば、全世界の論文の約3割はOA化されているとの結果も出ています。

OAは、グリーンOAとゴールドOAと呼ばれる2つの方式に大別されます。グリーンOAは、R-Cubeのような大学や国のリポジトリに、論文などのコンテンツをセルフアーカイブするOAの方式です。もう一方のゴールドOAは、出版社のジャーナルなどを、誰もが無料で閲覧できるようにするOAの方式です。代表的なゴールドOAのモデルとしては、著者が論文掲載料(Article Processing Charge:APC)を支払って論文をOA化する「著者支払型モデル」があります。

論文をOA化すると、①研究成果が広く社会に還元され、②研究分野を超えて様々なイノベーションが生まれる可能性が高まり、③研究者個人にとっても論文が引用される可能性が高まる、といった多くのメリットがあります。

ゴールドOAモデル

【論文掲載料について】

論文掲載料(Article Processing Charge:APC)とは、ジャーナルに掲載される論文を、インターネットを通じて誰もが無料でアクセスできる「オープンアクセス」な状態にする際に掛かる費用のことです。論文のオープンアクセス化には多くのメリットがありますが、著者支払型モデルのOAの場合、著者が出版社に対して数万円~数十万円のAPCを払うことが一般的です。本学教員の場合、論文掲載料が無料化されたり、割引されたりするジャーナルがあります。

〇論文掲載料(APC)が無料化・割引されるジャーナル(学内者のみ)<11月8日(金)更新>
〇 CUPの論文掲載料(無料化)に関するチラシ 日本語English <12月23日(月)更新>
〇 MDPI社の論文処理費用(IOAP) 割引プログラムに関するチラシ 日本語English

近年APCを目当てに、査読を十分に行わずに論文を公開してしまう粗悪なOAジャーナル(ハゲタカジャーナルなどと呼ばれることが多い)が、新聞などでも報じられ、社会的な問題となっています。こうしたジャーナルに論文が掲載されてしまうと、研究者としてのキャリアや信頼性を損ねるだけでなく、大学の質も問われることになりかねません。

OAジャーナルの質を見極める際に役立つデータベースや情報を、以下にてご紹介します。ご不明な点があれば、レファレンスカウンターまでお問い合わせください。

①Impact Factor

Impact Factorはジャーナルに掲載された論文が一定期間にどの程度引用されたかを示す評価指標です。本学ではWeb of Scienceを導入しており、採録されている約12,000タイトルのImpact Factorを確認することができます。Impact Factorを有しているジャーナルは、一定評価のあるジャーナルと判断でき、ジャーナルの質を判断する際の参考になります。

②PubMed(MEDLINE)

米国立医学図書館が運営する医学文献データベース「MEDLINE」を含む、文献情報のデータベースです。MEDLINEには一定審査を経たジャーナルが採録されるため、MEDLINEに採録されているかどうかがジャーナルの質を判断する際の参考になります。MEDLINEに採録されているかどうかは、NLM CatalogでジャーナルのタイトルやISSNを検索し、"Currently indexed for MEDLINE"と表示されれば、採録されているジャーナルと判断できます。

③DOAJ(Directory of Open Access Journals)

スウェーデンのルンド大学が運営するOAジャーナルのデータベースで、質の高い査読つきのOAジャーナルが採録されています。DOAJのウェブサイトでジャーナルのタイトルやISSN検索し、採録されているジャーナルかどうかを確認することができます。

④業界団体

論文の出版規範に係る活動を行っているCOPE(Committee on Publication Ethics)や、オープンアクセス出版を推進する協会、OASPA(Open Access Scholarly Publishers Association)など、学術論文出版に係り認知されている業界団体に加盟している出版社などかどうかは、ジャーナルの質を判断する上で参考になります。

⑤その他

粗悪なOAジャーナルを発行する出版社は、ウェブサイトに虚偽の情報を掲載している場合もありますが、以下のような点を事前に確認された上で投稿をご検討ください。

  • 当該ジャーナルで最新の論文が見つかるか
  • 出版社の連絡先や査読方法に不審な点がないか
  • 編集委員会が設置されており信頼できる研究者が参加しているか

論文投稿等に関するセミナーなどについて。こちらでご案内します。

2020.5月-8月 開催 ケンブリッジ大学出版 主催 Academic Publishing Webinars for Asia (2020.6.12更新)

Cambridge University Pressが主催する、学術出版に焦点を当てたWEBセミナーシリーズについて案内がありました。学術論文や学術書を出版するために、知っておく必要のある幅広いトピックを取り上げているとのことです。こちらから直接お申し込みください。
詳細および、実施済みのWEBセミナーの録画データを、こちらでご確認いただけます。
ご不明点は、japanacademic@cambridge.org までお問い合わせください。

文献管理、文献解析ツールを利用する(教員・院生)

【文献管理ツール】

〇 Mendeley ◆Mendeley操作方法  ◆Mendeley操作方法(movie) (5 min)

【文献解析ツール】

〇 JSTOR Text Analyzerを利用する
~論文のキーワードを自動生成&そのキーワードに基づく関連論文が検索可能に~
◆紹介動画(1分程) ◆利用方法動画(8分程度)