Theme Study 2019年度 春セメスター 開講クラス/AY 2019 Spring Courses

「Theme Study」は所属キャンパス以外のキャンパスで開講されるクラスも受講可能です。オンラインシラバスで各クラスのシラバスをよく確認し、積極的に受講してください。/ It is also possible to take Theme Study classes held on other campuses. Please be sure to check the syllabus for each class using the Online Syllabus.

島田 幸司(経済学部 教授)

Economic growth and the environment

SHIMADA KOJI(Faculty of Economics, Professor)
島田 幸司(経済学部 教授)

Special Fields/専門分野:
Environmental and Energy Economics
環境・エネルギー経済学

Campus
Kinugasa
Language
English
Level
Stage3: TOEFL(ITP)®Test 480~530, TOEIC®Test 580~630
Key-words/キーワード

Economic Growth 経済成長
Environmental Burden 環境負荷
Environmental Kuznets Curve (EKC) 環境クズネッツ曲線

Main Points of My Theme Study

Starting from the Environmental Kuznets Curve (EKC) theoretical background, students will apply the EKC to their own countries/regions using the secondary statistical data. They will be able to master an empirical analysis method using EXCEL.

私のTheme Study ここが面白い

環境クズネッツ曲線の理論的背景を踏まえたうえで,受講生は自らの出身国・地域の2次統計データを用いてこの理論を適用することになります。受講するとエクセルによる実証分析手法を習得することができます。

GRAEWE GUDRUN(Langage Education Center, Professor)

画像や動画で分かるドイツの都市の歴史・文化
(Deutsche Stadte)

GRAEWE GUDRUN(Langage Education Center, Professor)
グレーヴェ・グドウルン(経済学部 教授)

Special Fields/専門分野:ジャパノロジー、日本文化、ドイツ語教授法

Campus
Kinugasa
Language
German
Level
独語検定4級相当以上
Key-words/キーワード

都市 観光 景観
Stadt Tourismus Szenerie

Main Points of My Theme Study

Deutsche Städte unterscheiden sich in vielerlei Hinsicht von japanischen Städten. Während es in Japan nur vereinzelt Bestrebungen gibt, alte Stadtteile und die Szenerie zu erhalten, findet man in den meisten deutschen Städten eine Altstadt, die gepflegt und geschützt wird. Nicht nur Kirchen und Schlösser, sondern auch alte Geschäfts- und Wohnhäuser stehen unter Denkmalschutz, der streng eingehalten werden muss.In diesem Unterricht sollen Sie lernen, wie man Baustile unterscheidet, und welche Gebäude, welche Art der Stadtplanung für welche Epoche der Geschichte typisch sind. Dadurch werden Sie deutsche Städte mit anderen Augen sehen und auf neue Art erleben.

私のTheme Study ここが面白い

様々な観点から見てもドイツの都市と日本の都市は異なります。日本でも古い町並みや景観を守ろうとする都市がありますが、ドイツの殆どの都市に旧市街が残っています。その旧市街にある古い時代から残されている教会やお城だけではなく、住宅用や営業用の建物も「文化財保護」によって厳しく守られています。
この授業では、様々な時代の建築様式や都市計画様式の区別仕方を学びます。このようにすると、ドイツの都市を観る目が変わってきます。ドイツの都市やそこにある建物についての知識があれば、ドイツへ旅行しても、ドイツの都市の写真や動画だけを見ても、新しい体験になります。

文 京洙(国際関係学部	 教授)

제2차 세계대전후 한일관계의 발자취과 과제
(戦後日韓関係の歩みと課題)

MUN GYON SU(Faculty of International Relations, Professor)
文 京洙(国際関係学部 教授)

Special Fields/専門分野:
政治学・韓国現代史

Campus
Kinugasa
Language
Korean
Level
ハングル検定準2級以上
Key-words/キーワード

日韓条約、“韓流”“日流”、“反日”“嫌韓”
한일 조약, “한류” “일류” , “반일” “혐한”

Main Points of My Theme Study

100년의 갈등을 넘어
일본의 한국병합이라는 일본과 한국이 불행한 만남으로부터 이미 100년이상의 세월이 흘렀습니다. 최근에는 종군 위안부나 강제 징용공 문제 등 한일 관계의 과거 ·현재·미래가 한창 논의되고 있습니다. 그 동안 문화나 비즈니스 분야에서의 한일 교류나 협력이 비약적으로 진전된 반면, 역사 인식이나 영토문제를 둘러싼 갈등이 다시 한번 불거졌습니다. 세미나(seminar)에서는 이렇게 협력과 갈등, 친밀감과 반감이 복잡하게 뒤얽히는 일본과 한국과의 관계를 역사에 거슬러 올라 배우고, 조사하고, 논의합니다. 선입관이나 스테레오타입(stereotype)을 넘어 진지한 배움과 상호이해의 마당이 될 것을 기대하고 있습니다.

私のTheme Study ここが面白い

100年の葛藤を超えて
日本の韓国併合という、近代における日本と朝鮮の不幸な出会いからすでに100年以上の歳月が流れようとしています。 最近は、従軍慰安婦や徴用工問題など、日韓関係の過去・現在・未来が改めて問われています。 この間、文化やビジネスをめぐる日韓の交流や協力が飛躍的に深まる一方で、歴史認識や領土問題をめぐる日韓の葛藤がふたたび再燃しました。ゼミでは、このように協力と葛藤、親しみと反感が複雑に入り混じる日本と韓国の関係を歴史にさかのぼって学び、調べ、議論します。先入観やステレオタイプを超えた真摯な学びと相互理解の場となることを期待しています。

生田 真人(文学部 教授)

東京・大阪を含む世界の大都市
(Study on The World's Large Cities including
Tokyo and Osaka)

IKUTA MASATO(Faculty of Letters, Professor)
生田 真人(文学部 教授)

Special Fields/専門分野:
Human geography, Economic geography
人文地理学、経済地理学

Campus
Kinugasa
Language
English
Level
Stage2:TOEFL(ITP)®Test 400~480, TOEIC®Test 380~580
Key-words/キーワード

World city, Developed economies, Developing economies
世界都市、先進諸国、発展途上国

Main Points of My Theme Study

The world economy is changing so rapidly that cities and regions in the countries are also restructuring in accordance with it. What is interesting point of my class is that you will know the current economic and social situation of world large cities not only in developed economies, but also developing ones.

私のTheme Study ここが面白い

世界経済は急速に変化しており、各国の都市や地域もそうした変化に対応して再編されつつあります。私の授業の面白い点は、先進国ばかりでなく発展途上国の大都市の現状を知ることができるという点です。

KANDUBODA P. B(Ritsumeikan International, Associate Professor)

Intercultural exchange with Asian students via project-based learning

KANDUBODA P. B(Ritsumeikan International, Associate Professor)
カンダボダ・P・B(国際教育推進機構 准教授)

Special Fields/専門分野:
Applied Linguistics (MA) / 応用言語学(修士号)
Psycholinguistics (PhD.) / 心理言語学(博士号),
Facilitator in Intercultural Language Exchange and Leadership Training
異文化、言語の交流活動及びリーダーシップトレーニング活動のファシリテーター

Campus
Kinugasa
Language
English
Level
Stage3:TOEFL(ITP)®Test 480~530, TOEIC®Test 580~630
Key-words/キーワード

Intercultural exchange, Peer-learning, Theme-based learning
異文化交流、ピアーラーニング、テーマを基にした学習

Main Points of My Theme Study

This class provides students with an excellent opportunity to enhance presentation skills, peer-learning skills, and improve intercultural communication skills. For those who are willing to challenge and experience a different audience, this is a class you should take.

私のTheme Study ここが面白い

大学から一歩外に出てみませんか?大学で身にづけたスキルを、大学外の観客に披露することに挑戦してみませんか。このクラスでは、プレゼンテーションスキル、ピアラーニングスキル、異文化間コミュニケーションスキルを向上させることができます。

アリエタ・ダニエル(言語教育センター 講師)

Introduction to Creative Writing:
the Making of a Japanese Short Story

ARRIETA DANIEL(Language Education Center, Lecturer)
アリエタ・ダニエル(言語教育センター 講師

Special Fields/専門分野:
Comparative Literature, Social Psychology, Language Education
比較文学、社会心理学、言語教育

Campus
Kinugasa
Language
English
Level
Stage3:TOEFL(ITP)®Test 480~530, TOEIC®Test 580~630
Key-words/キーワード

Creative Writing, Japanese Short Story, Constructive Feedback
クリエイティヴ・ライティング、日本の短編小説、建設的なフィードバック

Main Points of My Theme Study

Everyone has a story to tell about Japan. I am interested in yours. If you like reading short stories and writing, this course will provide you with the theoretical tools and techniques needed to be able to write in English a short story set in Japan. We will discuss topics related to the makings of a short story such as: characters, plot, time, dialogues, rhythm, style, themes, and genre among others. We will also study well-known works of fiction from Japanese authors. And we will practice with short and fun creative writing exercises followed by peer constructive feedback.

私のTheme Study ここが面白い

誰もが語るべき日本について物語をもっており、私はあなたの物語に興味があります。この講座は短編小説を読んだり、文章を書くのが好きな学生に、英語で日本に起こる物語を書き、表現するために必要な理論的なツールとテクニックを提供します。キャラクター、プロット、時間、ダイアログ、リズム、スタイル、テーマ、ジャンルなどについて議論したいと思います。有名な日本のフィクション作品から学び、短く、楽しいクリエィティブ・ライティングを実践した後に、他の受講生からの建設的なフィードバックを受け取ります。

エデソル・ドミニック・ガイ(言語教育センター 講師)

Practical Research Interviews in Educational Sociology

EDSALL DOMINIC GUY(Language Education Center, Lecturer)
エデソル・ドミニック・ガイ(言語教育センター 講師)

Special Fields/専門分野:
Language Education, Pedagogy, Educational Sociology
言語教育、教育学、教育社会学

Campus
Kinugasa
Language
English
Level
Stage3:TOEFL(ITP)®Test 480~530, TOEIC®Test 580~630
Key-words/キーワード

Educational Sociology, Research Interviews, Qualitative Analysis
教育社会学、インタビュー調査、定性分析

Main Points of My Theme Study

Researching human communication can give information about ourselves and society allowing better understanding of life. Interviewing people and asking questions is a difficult art, but one that can prove incredibly useful in life, whether you are the person asking questions or the person answering questions. Using examples in Educational Sociology and the Social Sciences, this course will explore how understanding interaction and communication can help our understanding of the social world, our actions within that world, and ourselves.
In this course, there is a chance to use active learning, discussion, and communication with other students, while we look at examples dealing with topics ranging from ethics in investigating morality, to police interrogation, and on to psychology and social hacking.

私のTheme Study ここが面白い

コミュニケーションを研究することで、自分自身や社会についての情報を提供して、人生をよりよく理解することができます。 人にインタビューしたり質問をするのは難しいですが、質問をする側でも回答する側であっても、人生で役立つことがあります。 教育社会学と社会科学の例を用いて、このコースでは相互作用とコミュニケーションの理解がどのように社会、人間の行動、そして自分自身を理解するのに役立つかを模索していきます。
またこのコースでは、倫理から警察の尋問、心理学やソーシャルハッキングなど幅広いトピックスの例を見ながら、積極的な学習、ディスカッション、他の学生とのコミュニケーションも行います。

サウセド・ダニエル(言語教育センター 講師)

映画とメディアにおける考古学
(Archaeolgy in Film and Media)

SAUCEDO DANIEL(Language Education Center, Lecturer)
サウセド・ダニエル(言語教育センター 講師)

Special Fields/専門分野:
Archaeology, Heritage Studies, Cultural Anthropology
考古学、文化遺産学、文化人類学

Campus
Kinugasa
Language
English
Level
Stage2:TOEFL(ITP)®Test 400~480, TOEIC®Test 380~580
Key-words/キーワード

Archaeology, movies, pop culture
考古学、映画、ポップ文化

Main Points of My Theme Study

Archaeological research is a very interesting field, but its depictions in movies is mostly based on fantasy rather than reality. However, the interest for ancient societies and traveling to uncommon places to gather information are aspects that archaeologists and fictional characters share. Have you asked yourself questions like what is real and fiction in movies like Indiana Jones, and where do these depictions come from? Do you want to know if archaeologists keep what they find for themselves or sell it to museums? Maybe how do they get information from bones, pottery and other objects to describe ancient societies? In this class, we will introduce basic aspects of the work of archaeologists by analyzing their depiction in movies and comparing it with the work of real archaeologists.

私のTheme Study ここが面白い

考古学研究は非常に面白い分野であるが、映画では実際の活動よりもフィクションに基づいて描写されていることが多い。しかし、古代社会への関心や、珍しい場所に旅行して情報収集を行うことについては、考古学者とフィクションの人物に共通している。例えば、インディージョーンズの映画において、何がフィクションでどこまでが事実なのか、またこれらのイメージがどこから生まれたのか、考えたことがあるだろうか。考古学者たちが、発見した遺物を自分たちの者にしたり、博物館に売ったりすることがあるかどうか、知りたいと思ったことはないだろうか。もしくは考古学者たちが、骨や土器、その他の遺物からどのように古代社会を復元しているのか、疑問に思ったことはあるだろうか。本講義では、映画と実際の活動を比較しながら、考古学者たちの活動について概観する。

鈴木 桂子(衣笠総合研究機構 教授)、WALTER DAVIS(Associate Professor, University of Alberta)

Japanese Visual Modernities of
the Late-19th and early-20th Centuries
(アルバータ大学との共同開講科目)

SUZUKI KEIKO(Language Education Center, Lecturer)
鈴木 桂子(衣笠総合研究機構 教授)
WALTER DAVIS(Associate Professor, University of Alberta)
ウォルター・デイビス(アルバータ大学 准教授)

Special Fields/専門分野:
SUZUKI KEIKO:Cultural anthropology, visual culture, and cross-cultural understanding/文化人類学、視覚文化研究、異文化理解
WALTER DAVIS:Art and Design, East Asian Studies/芸術とデザイン、東アジア研究

Campus
Kinugasa
Language
English
Level
Stage2:TOEFL(ITP)®Test 400~480, TOEIC®Test 380~580

この授業は6月17日(月)から6月28日(金)の2週間、4限・5限での集中講義を予定しています。
This class will be held on every weekday between June 17 (Monday) and June 28 (Friday), from 14:40 and 17:50.

Key-words/キーワード

Japanese art modernization tradition
日本美術 近代化 伝統

Main Points of My Theme Study

This introduction to modern Japanese art and design pays special attention Kyoto. Students will examine art and architecture not only in the classroom but also in context by visiting museums and historical sites. In addition, Japanese and Canadian students will have opportunities to work together on class projects.

私のTheme Study ここが面白い

本授業は近代日本美術とデザインの入門コースで、特に京都に焦点を当てます。学生は、教室内だけでなく、関係する美術館や史跡を訪ねてることにより、美術や建築について研究でき、また日本人とカナダ人の学生が、共同でクラス・プロジェクトを行う機会もあります。

黒川 清登(経済学部	教授)

Introduction to British Parliamentary Debate

KUROKAWA KIYOTO(Faculty of Economics, Professor)
黒川 清登(経済学部 教授)

Special Fields/専門分野:
 

Campus
BKC
Language
English
Level
Stage3:TOEFL(ITP)®Test 480~530, TOEIC®Test 580~630
Key-words/キーワード

British English, Parliamentary Debate, Constructive Speech

Main Points of My Theme Study

In this course, you will learn “British Parliamentary Debate”, and discuss some selected topics in Japanese and world economic. One team represents the Government, while the other represents the Opposition. The Government team is composed of a Prime Minister, who speaks twice, and a Member of Government, who speaks once. The Opposition team is composed of a Leader of the Opposition, who speaks twice, and a Member of the Opposition, who speaks once. The Government proposes a specific case statement, which the government team must demonstrate to be correct. The Opposition does not have to propose anything, but must demonstrate that the case statement is not correct. The Speaker, the judge decides at the end of the round, based on the arguments made in the round, whether the Government has proved its case or whether the Opposition has disproved it. The team which met its burden more convincingly wins.

私のTheme Study ここが面白い

ディベートとは、ある 1つの論題が与えられ,肯定側チーム(Government)と否定側チーム(Opposition)に分かれ,一般聴衆であるジャッジを説得する。肯定側か否定側かは主催者によって決められ,ディベータ自身で選ぶことはできない。より説得力(議論の中身,説明の仕方など)があったチームが勝ちとなる。本授業では、日本ではまだ新しい英国発祥の即興型ディベート(Parliamentary Debate)に英語で取り組む。その論題は、試合開始直前の15分に与えられ、スマホ等で調べることは許されない。論題は、大学生であれば、専門にかかわらず知っておいて欲しい、経済政策、国際経済、国際問題などを中心に取り上げ、英語の専門用語の理解を踏まえ、ビジネスに不可欠な議論を目指す。

古川 彰(経済学部	教授)

Bright and dark sides of economic globalization in the Trans-Pacific region

FURUKAWA AKIRA(Faculty of Economics, Professor)
古川 彰(経済学部 教授)

Special Fields/専門分野:
The Japanese economy; The US economy; The Trans-Pacific economy
日本経済論、アメリカ経済論、環太平洋経済論

Campus
OIC
Language
English
Level
Stage3:TOEFL(ITP)®Test 480~530, TOEIC®Test 580~630
Key-words/キーワード

Donald Trump’s “America First” trade policy ドナルド・トランプの貿易政策
Poverty and inequality in the Trans-Pacific 環太平洋地域の貧困と所得格差
Financial crises in the Trans-Pacific 環太平洋地域の金融危機

Main Points of My Theme Study

First, to study ongoing Trans-Pacific economic issues familiar to everyone, such as globalization, Donald Trump trade policy, financial crises, and income inequality.
Second, to discuss actual formation processes of economic policy and strategy. The lecturer had worked nearly 30 years in the central government as an economist and a diplomat in Washington DC, and hopes to share the experiences with students.
Third, to perform role-playing discussions. Students play the roles of Prime Minister Abe, President Trump, or a part-time worker, and understand the viewpoints and ideas of various characters.

私のTheme Study ここが面白い

第1は、皆さんが日々ニュースなどで目にする現在進行中の環太平洋地域の経済問題を学ぶことである。アベノミクス、ドナルド・トランプの貿易政策、非正規雇用と格差拡大問題、などについて深く知ることができる。
第2は、担当教員について。講師は立命館に来るまで30年近く官庁で経済分析、経済政策づくり、ワシントンでの外交などに携わってきた。現実に世の中をだれがどう動かしているかを、受講生と一緒に学びたい。
第3は、ロール・プレイング・ディスカッション。計3回ほど行う。受講生が、アベさんやトランプに扮したり、派遣労働者に扮して、模擬討議を行うことで、世の中の人々の立場や考え方に触れることができる。

山中 司(生命科学部 教授)

淡江大学(台湾)、高麗大学(韓国)、早稲田大学
と何度もオンラインでグループワークをする授業:
あなたが考える社会問題に取り組もう (Enjoy
Online-groupwork with Tam Kang, Korea and Waseda U: Deepening Your Social Issue)

YAMANAKA Tsukasa(Faculty of Life Sciences, Professor)
山中 司(生命科学部 教授)

Special Fields/専門分野:
English English Education at University Level, Language Communication Theory, Language Philosophy - Pragmatism, Project Theory, Evaluation Theory
大学英語教育 、言語コミュニケーション論 、言語哲学・プラグマティズム、プロジェクト論、評価論

Campus
OIC
Language
English
Level
Stage2:TOEFL(ITP)®Test 400~480, TOEIC®Test 380~580
Key-words/キーワード

合同遠隔授業、グループごとの国内大学とのスカイプ・ミーティング、興味・関心に基づいたプロジェクト
Collaborative Online Class、Skype Group Meeting、Project based on your interests and concerns

Main Points of My Theme Study

This course features web-meeting with students of Korea University, Tamkang University, and Waseda University and in-class presentations by students. The students in this course are required to make proposals on a current problem, discuss the proposals in the web-meeting, and make in-class presentations on the latter part of the course. Through the discussion, the students will learn how to discuss in English, manage the discussion, reply to the proposal, and improve their own proposals based on the comments. This lecture is a SPACE that you can practice and express your own project. You are required to engage in a project which you find from your "life", and transmit the outcome in English. The lecturer advices to your project from academic and practical perspective. Enjoy broadening your horizons and connecting the “dots” towards your future. How you would make it useful and functional is entirely up to you!

私のTheme Study ここが面白い

この授業は、授業のかなりの部分を、韓国の高麗大学、台湾の淡江大学、日本の早稲田大学と合同で実施します。国内外の学生と交流しながら、様々な刺激や知的創発が受けられる授業です。是非多くの皆さんが積極的に履修することを期待します!!!この授業は、各自の興味・関心に基づいたプロジェクトを立ち上げてもらい、Skypeを用いて国内外の大学と合同でグループワークや発表をします。英語のできる、できないは重要ではありません。積極的に国内外の学生と授業内外で交流し、コミュニケーションに果敢に挑みながら自らのプロジェクトの内容を高め、より良いものにすることが求められます。チャレンジ精神をもって、自由に、そしてダイナミックに行動して下さい。講義担当者が最大限サポートします。

ケネディ・オリヴィア(言語教育センター 講師)

A world of difference : A Short introduction to Intercultural communication

KENNEDY OLIVIA(Language Education Center, Lecturer)
ケネディ・オリヴィア(言語教育センター 講師)

Special Fields/専門分野:

Campus
OIC
Language
English
Level
Stage2:TOEFL(ITP)®Test 400~480, TOEIC®Test 380~580
Key-words/キーワード

intercultural communication, diversity, inclusion

Main Points of My Theme Study

The course will introduce students to the general themes, issues and perspectives of intercultural communication. We will start by thinking about how our life experiences shape the way we see the world, and consider what life is like forpeople who have different experiences. We will try to define what ‘culture’ is, and what it means to be a person from our own country. I am a New Zealander, but what does that mean? What does it mean to be Japanese?By studying Hofstede's influential system of thinking about culture, we will then start to try to understand what makes people different, and what makes us the same. We will use Hofstede’s ideas to help us think about business relationships.How does culture affect the ways that we do business? How can we make ourselves interact more effectively in our international dealings?Finally, we will think about how different societies celebrate important life events. By investigating similarities and differences, we will start to think about some of the opportunities and challenges of our diverse world.I’m sure you’ll enjoy learning about yourself and your own culture as we explore intercultural communication.

私のTheme Study ここが面白い

 この講座では、異文化コミュニケーションの全般的テーマ、諸課題、視点を紹介します。私たちの人生経験がどのように世界の捉え方を形作っていくのかの考察から始め、異なる経験を持つ人々にとって人生がどのようなものであるかに思いを巡らせます。文化とは何か、私たちにとってある国出身であるということが何を意味するかを定義してみましょう。私はニュージーランド人ですが、それは何を意味するでしょう。日本人であるということは、何を意味するでしょう。
ホフステードによる文化についての考察の体系は影響力のある理論です。その学習を通じて、何が人々を異ならしめるのか、何が我々を同じたらしめるのかの理解に努めるようになるでしょう。ビジネス上の関係の考察に、ホフステードのアイディアを用います。文化はどのようにビジネスの流儀に影響を及ぼすのでしょう。国際的な取引に際して、どのようにすれば効果的に交流できるようになるでしょう。
最後に、異なる社会において重要なライフイベントをどう祝うかを考察します。類似点と相違点を調査すれば、私たちの生きる多様な社会における、好機と諸課題のいくつかについて考え始めることになるでしょう。
異文化間コミュニケーションについて掘り下げるにつれて、あなた自身やあなたの属する文化についてきっと楽しく学べることでしょう。