Theme Study 2017年度前期開講クラス/AY2017 Spring Courses

「Theme Study」は所属キャンパス以外のキャンパスで開講されるクラスも受講可能です。オンラインシラバスで各クラスのシラバスをよく確認し、積極的に受講してください。/ It is also possible to take Theme Study classes held on other campuses. Please be sure to check the syllabus for each class using the Online Syllabus.

吾郷 眞一(法学部 教授)

Managing CSR (Corporate Social Responsibility) ?

AGO Shin-ichi(Faculty of Law, Professor)
吾郷 眞一(法学部 教授)

Special Fields/専門分野:Public international law/国際法

Campus
Kinugasa
Language
English
Level
Stage3: TOEFL(ITP)®Test 480~530, TOEIC®Test 580~630
  • Day: Tuesday
  • Period: 1st(9:00-10:30)
Key-words/キーワード

enterprise, environment, human rights/企業、環境、人権

Main Points of My Theme Study

CSR or corporate social responsibility is a relatively new concept, which has expanded over the last ten years or so and it is a very important phenomenon both for enterprises as well as civil societies. Practically all large scale enterprises in their corporate reports or home pages have created independent chapters on CSR and the concept is important both for those who are working for the enterprises as well as for those who receive services from them. It is neither law nor regulative mechanism, but is a special substance calling for a careful examination. The class intends to shed lights on the social impact of the concept of CSR and tries to situate the meaning of the concept in relation to the civil society vs enterprise setting.

私のTheme Study ここが面白い

企業の社会的責任(CSR)は、ここ10数年の間に急速に注目されてきている現象です。大企業のほとんどが、自社の説明のための報告書やホームページで、独立した項目としてCSRを取り上げるようになってきています。企業に身を置くものにとっても、企業のサービス提供を受ける側にとっても、見過ごせない課題になってきています。しかし、その実態は、法律でも規制でもない、特殊な現象です。基本的には企業の自発的意思表明でありながらも、実際には法規制のように働くCSR現象をどのようにとらえていったらいいのか。企業と社会という二つの主体の関係を見極めていけたらと思います。

畑中 麻子(法学部 准教授)

Global governance of intellectual property

WECHS HATANAKA Asako(Faculty of Law, Associate Professor)
畑中 麻子(法学部 准教授)

Special Fields/専門分野:知的財産法/Intellectual Property Law

Campus
Kinugasa
Language
English
Level
Stage3:TOEFL(ITP)®Test 480~530, TOEIC®Test 580~630
  • Day: Wednesday
  • Period: 2nd(10:40-12:10)
Key-words/キーワード

Creation and Innovation, Technological Development such as Internet, Global Governance/創造と革新、インターネット等の技術進化、グローバルガバナンス

Main Points of My Theme Study

This seminar aims at discovering the science of “copy and paste”. Creations such as musics, movies and photographs are protected by copyright law. In our daily lives, they are easily transmitted and shared via Internet byond border. This is the characteristic of our age: information and global society. Copy and paste has two roles to play in our society. I have been working in the field of intellectual property at different institutions including an enterprise, attorney offices, the international organisation and research institutes. Copy and paste could be a right and wrong tool depending on how you face intellectual property whether as a creator, right holder or policy maker. Why? You will find an answer to the question in the seminar together with other students from different faculties, years and nationalities.

私のTheme Study ここが面白い

「コピぺ」を学問として論じるのがこの演習です。 音楽・映画・写真などの創作は著作権法により保護されています。そして、日常生活の中でインターネットを通じて容易に発信・共有され、国境を越えて世界中で流通されます。これは高度な情報化とグローバル化という、現代社会の特徴です。コピぺはそんな現代社会の諸刃の刃です。私はこれまで知的財産に色々な立場から関わってきました。民間企業、弁護士・弁理士事務所、 国際機関、そして研究機関です。クリエーター、権利者あるいは政策担当という異なる立場次第で、コピぺは善にも悪にもなります。なぜでしょう?学部・回生・国籍の違いを超えてその問いへの答えを探すのが、この演習の醍醐味です。

坂本 利子(産業社会学部 教授)

Comparative Perspectives on Japanese & International News Coverage

SAKAMOTO Toshiko(Faculty of Social Sciences, Professor)
坂本 利子(産業社会学部 教授)

Special Fields/専門分野:African Studies, Cultural Studies,Intercultural Communication, Colonial and Postcolonial Studies/アフリカ研究、文化研究、異文化間コミュニケーション、コロニアル・ポストコロニアル研究

Campus
Kinugasa
Language
English
Level
Stage3:TOEFL(ITP)®Test 480~530, TOEIC®Test 580~630
  • Day: Tuesday
  • Period: 2nd(10:40-12:10)
Key-words/キーワード

News Coverage, Comparative Perspectives, Intercultural Communication/ニュース報道、比較の視点、異文化間コミュニケーション

Main Points of My Theme Study

This course explores comparative views of Japanese and international news coverage of various events. Students examine various perspectives in the Japanese and international news stories in English and discuss with people from different cultural backgrounds. They first choose their favorite news stories and then choose different news stories to see how the Japanese and international media frame elections/uprisings/conflicts/sports events/cultural events/political, economic, educational, gender issues, etc. in different ways and why. Throughout the course, students are also expected to improve intercultural communication skills.

私のTheme Study ここが面白い

この授業では、日本と世界で起きているさまざまな出来事に関する日本と国際メディアによるニュース報道を比較の視点で勉強します。受講生は英語で報道されたニュースについて、日本や世界のメディアの報道の特徴について、英語でディスカッションをして情報交換や意見交換をします。始めに自分が面白いと思うニュースを選び、次にテーマを選んで多様なニュースについて比較の視点でどのように異なるか、それはなぜかをディスカッションします。テーマは、選挙、暴動、紛争、スポーツ、文化、政治、経済、教育、性差など自由に選びます。この授業を通じて、異文化間コミュニケーション技能を向上させることもめざします。

アリエタ・ダニエル(言語教育センター 講師)

INTRODUCTION TO CREATIVE WRITING: THE MAKING OF A NOVEL

ARRIETA Daniel(Language Education Center, Lecture)
アリエタ・ダニエル(言語教育センター 講師)

Special Fields/専門分野:Comparative Literature, Cognitive Stylistics, Language Education/比較文学、認知文体論、言語教育

Campus
Kinugasa
Language
English
Level
Stage3:TOEFL(ITP)®Test 480~530, TOEIC®Test 580~630
  • Day: Wednesday
  • Period: 4th(14:40-16:10)
Key-words/キーワード

Creative Writing, Novel, Constructive Feedback/クリエイティヴ・ライティング、小説、建設的なフィードバック

Main Points of My Theme Study

Everyone has a story to tell. I am interested in yours. If you like reading novels and writing, this course will provide you with the theoretical tools and techniques needed to be able to write a novel yourself. We will discuss topics related to the makings of a novel such as: characters, plot, time, dialogues, rhythm, style, themes, and genre among others. We will also study well-known works of fiction and practice with short and fun creative writing exercises followed by peer constructive feedback.

私のTheme Study ここが面白い

誰もが語るべき物語をもっており、私はあなたの物語に興味があります。小説を読んだり、文章を書くのが好きな学生に、この講座は将来自分で小説を書けるようになるために必要な理論的なツールとテクニックを提供します。キャラクター、プロット、時間、ダイアログ、リズム、スタイル、テーマ、ジャンルなどについて議論したいと思います。有名なフィクション作品から学び、短く、楽しいクリエィティブ・ライティングを実践した後に、他の受講生からの建設的なフィードバックを受け取ります。

曹 瑞林(経済学部 教授)

現代中国経済とグローバル化

SO ZUIRIN(Faculty of Economics, Professor)
曹 瑞林(経済学部 教授)

Special Fields/専門分野:财政学中国经济论/財政学、中国経済論

Campus
Kinugasa
Language
Chinese
Level
検定4級相当以上
  • Day: Monday
  • Period: 4th(14:40-16:10)
Key-words/キーワード

中国与中国经济,中国的改革开放与全球化,中日相互理解与合作/中国と中国経済、中国の改革開放とグローバル化、日中相互理解と協力

Main Points of My Theme Study

这门演习讨论课的目的是通过使用汉语文献来学习和理解现代中国经济的现状和所面临的课题以及全球化进程。其特点首先是,日本同学和中国同学在一个小组里共同学习和交流通过以小组为单位进行发表和讨论提高同学的协调能力。其次为了帮助同学加深理解中国和中国经济的现状,不仅有教授的讲解,而且在课堂上还由同学(用PPT)介绍中国和中国人的生活以及中国文化等内容。通过这样的学习,不仅对同学的阅读理解中国经济原文的能力和汉译日的翻译能力以及综合表达能力的提高大有帮助,而且这门演习讨论课对开阔同学的国际视野,促进异国文化理解,为今后日中交流和在全球化进程中同学自身的成长大有帮助。

私のTheme Study ここが面白い

このゼミの目的は、中国語の文献を導入して、現代中国経済の現状と課題およびグローバル化を学習し理解する。この特徴は、日本人学生と中国人学生が班になって一緒に勉強し交流すること、また班ごとによる発表を通じてチームワーク力を向上すること、さらに教員の解釈だけでなく、学生が中国と中国人の生活および中国文化などの紹介(PPT)によって中国や中国経済の現状に対する理解を深める。この学習によって、学生の中国経済原文の読解力と中日翻訳能力を高め、プレゼンテーションを通じて総合表現力を高めるだけでなく、学生の国際的視野を広げ、異文化理解を促進し、今後の日中交流やグローバル社会における学生自身の成長に大いに役立つ。

オードネフ・ジョン(言語教育センター 講師)

FEATURE WRITING IN JOURNALISM

O'DONOGHUE John (Language Education Center,Lecture)
オードネフ・ジョン(言語教育センター 講師)

Special Fields/専門分野:Print journalism

Campus
Kinugasa
Language
English
Level
Stage3:TOEFL(ITP)®Test 480~530, TOEIC®Test 580~630
  • Day: Friday
  • Period: 3rd(13:00-14:30)
Key-words/キーワード

Feature writing, curiosity, interviewing

Main Points of My Theme Study

In this course we will learn about how to write a feature for a newspaper, magazine or website. Features are longer pieces of journalism, for example a profile of someone or something interesting. In this course I want you to bring an inquiring, curious and skeptical mind to class. You'll need ideas, a willingness to work together and a thick skin.

山中 司(生命科学部 准教授)

自分が一生関わっていけるプロジェクトを見つけ行おう!( Find Your Own Project and Engage it! )

YAMANAKA Tsukasa(Faculty of Life Sciences, Associate Professor)
山中 司(生命科学部 准教授)

Special Fields/専門分野:English English Education at University Level, Language Communication Theory, Language Philosophy - Pragmatism, Project Theory, Evaluation Theory/大学英語教育 、言語コミュニケーション論 、言語哲学・プラグマティズム、プロジェクト論、評価論

Campus
OIC
Language
English
Level
Stage2:TOEFL(ITP)®Test 400~480, TOEIC®Test 380~580
  • Day: Thursday
  • Period: 2nd(10:40-12:10)
Key-words/キーワード

Project, Autonomy, transdisciplinarity/プロジェクト、自律性、超領域性

Main Points of My Theme Study

Find Your Own Project and Engage It! This course is to give a “PLACE” in English for you to achieve your dream, hope and what you would like to do. Start up YOUR project that you would like to get involved with throughout your life! If you already have an idea, make it realized. If not, let’s begin to think with us. The students take a leading role and responsible for the fruit. Carrying out the project, you learn from the practice, and that will bring out new perspective and motivation to learn. Keyword is transdisciplinary. We welcome your project!

私のTheme Study ここが面白い

自分が一生関わっていけるプロジェクトを見つけ行おう! この授業は皆さんが、皆さんの夢や希望、そしてやりたい事を英語で実現するための「場」です。主役は皆さん、成果も皆さん次第です。自分が一生関わっていきたい、人生をかけて取り組みたいプロジェクトを立ち上げましょう。すでにアイディアのある人はそれを具現化し、ない人はこのチャンスを通して考えてみましょう。難問だけが残されたと言われる今世紀、社会は様々な要素が複雑に絡み合い、単一の学問分野だけではどんな問題も解決できません。眼前の関心事に領域を超えた視点から取り組み、実践から学び、新たな学びを実践に活かしましょう。皆さんの積極性な履修を心から歓迎します。