運営体制

教養教育推進体制(概要)

教養教育推進体制

教養科目基本担当者制度

複数クラス開講する科目全体をコーディネートし、FD活動の中心的な役割を担い、かつ当該科目を担当する(手当支給有り)。

基本担当者は担当科目に関して次の役割を担う。

  1. 科目担当者の組織および斡旋の援助
  2. 科目概要の作成
  3. シラバスに関する担当者間の調整
  4. 授業進捗状況の把握
  5. 成績評価基準・方法に関する担当者間の調整
  6. 授業改善(FD)活動

基本担当者会議(年4回程度の開催)

  • 基本担当者と教養教育センターにより構成
  • 年度総括と次年度方針の確認
  • 授業状況の把握、評価基準の共有、FD等
  • シラバス点検、科目担当など次年度開講調整

科目担当者会議(随時開催)

  • 基本担当者および各科目の担当者により構成し、当該科目のFDを促進
  • 科目担当者間教科研究の実践

教養科目教育実践支援制度

ゲストスピーカー招聘(講師謝礼・交通費等)支援制度

教養科目の授業において、ゲストスピーカーを招聘する際の講師への謝礼・交通費(実費支給)等の補助

TA・ES導入制度

授業環境を整え、学生の学習効果を高めるとともに、担当教員の授業運営を支援するため、TA(ティーチング・アシスタント))・ES(教育サポーター)の導入支援