よくある質問集

貸出・返却

question 何冊まで借りられますか?
answer

学部生は20冊2週間まで、院生は100冊100日まで貸出できます。詳しくはこちら

question 図書館の本は全て館外貸出が出来るのですか?
answer

図書館の本には貸出ができるものとできないものとがあります。本に「館内利用」または「館内」というシールが貼ってあるものは館外貸出ができません。他にも、雑誌や年鑑、辞書・事典類、地図、白書統計コーナーの図書など、館外貸出ができない本があります。館内でご利用ください。

question 読み終えた資料はどこに返却したらいいですか?
answer

ブックトラック
ブックトラックです!
この台に返却をされた資料は、
”館内利用資料”として、
利用状況を確認しています。

館内で利用された場合は各階にある返却台に戻してください。
貸出の手続きをした資料は、必ずカウンターまたは自動貸出・返却機で返却の手続きをしてください。

他キャンパスから取り寄せた資料は、カウンターへ返却してください。

question 今借りている本の貸出延長はできますか?
answer

図書館まで図書をお持ちいただかなくても図書館ホームページのMyLibraryからご自身で延長することができます。2回まで延長できます。(専任教員は5回までです。) 延長回数が過ぎる場合は、一度ご返却いただくことになります。

なお、その図書に他の利用者が予約をかけている場合や、貸出停止期間中は延長ができません。ご注意ください。

question 自分の借りている資料を友人に貸してもいいですか?
answer

又貸しは禁止です。又貸しした相手が資料を延滞・紛失した場合、責任はデータ上資料を貸出した本人にありますので、貸出停止や弁償を負っていただくことになります。資料は貸出した本人が責任を持って返却してください。代理による返却時には返却証明となるレシートについても個人情報になるためお渡しできませんのでご了承ください。

又貸しした相手が資料を延滞・紛失した場合であっても、責任は図書館で資料を借りた本人にありますので、貸出停止や弁償を負っていただくことになります。

question 図書の返却が期限より遅れるとどのようになるのですか?
answer

期限日より遅れると、その遅れた日数、本を借りることができなくなります(専任教員を除く)。返却期限は必ず守るようにしましょう。借りている本を紛失してしまった場合には、すぐに各館カウンターまでご相談下さい。

question 借りた本を紛失した場合はどうすればよいですか?
answer

ご自宅や普段使われている研究室等をよく探しても見つからなければ、直ちにカウンターへ申し出てください。借用中の図書と同じ版の図書を弁償していただきます(現物弁済)。届出をしないまま返却期限を過ぎると延滞となり、貸出停止になりますので気をつけてください。 入手しにくい資料も多数ありますので紛失しないように十分ご留意下さい。

またグループでの利用や友人間での貸し借りのあった中での紛失は、図書館で資料を借りた方の責任となります。正しい利用を心がけてください。

question APU図書の返却日は衣笠やBKCの図書と違うのですか?
answer

APU資料は貸出日数、延長、貸出冊数が違いますのでお気を付けください。詳しくはこちら

question 借りた館と違う館で本を返せますか?
answer

返していただけます。

ただし、同一キャンパスの場合、借りた館と異なる館で返却されると、資料移動の処理に時間がかかり、次の方の利用に支障が出る場合があります。借りた館で返却してくださいますようご協力をお願いします。