ニュース

文献管理ツールRefWorksの提供終了について

立命館大学図書館では、2019年3月31日をもって文献管理ツールRefWorksの契約を終了し、Mendeley機関版を提供することとなりました。

Refworksをご利用の方で、まだ文献情報をMendeleyに移行する作業を行われていない場合は下記の手順により期日までに実施いただきますようお願いいたします。

  1. Refworksで実施すること
    1. RefWorksの[レコード]メニューから[エクスポート]を選択
    2. References to Include Fromすべてのレコードで[すべてのレコード]のラジオボタンを選択
    3. Select an Export Formatを(Bibliographic Software(EndNote、Reference Manager、ProCite)を選択
    4. [レコードをエクスポート]を実施しエクスポートボタンを押す
    5. エクスポートが完了すると[完了]のポップアップが表示
    6. [ファイルダウンロードプロンプトを受け取らない場合]または[ファイルを自分にメールしてもらう]のいずれかを選択してファイルをダウンロード
  2. ※RefWorks内で文献情報をサブフォルダで分割管理されており、かつMedeley側でも引き続きその方式を継続されたい場合は、RefworksよりのエクスポートならびにMendeleyへのインポートをフォルダ単位で実施する必要があります。

  3. Mendeley Desktopで実施すること
    1. [File]メニューの[Add Files]からRefworksより出力したtxtファイルを指定して取り込み
    2. エクスポートした文献情報が全件、正しくMendeleyのMy Library内に取り込まれたことを確認
    3. ※Refworks内で文献情報をサブフォルダで管理されていた場合、Mendeley側でも対応するフォルダを作成する必要がある。
       〈作成方法〉[Create Folder]をクリック[Untitled Folder]と名前が変わるのでフォルダ名を入力
    4. 文献情報とPDFを紐付け
  4. ※Mendeley Desktopの中央フレームへPDFファイル、フォルダをドラッグ&ドロップするか、または Watched Folderで指定したフォルダ内へPDFファイルを移動(又はコピー)することで、②で取り込んだ文献情報にPDFを紐づけることができます。
    文献情報を移行についての資料はこちらをご確認ください。
    併せて、5月、6月に各キャンパスで実施したMendeley講習会資料もご確認ください。