新・立命館学術情報システム=RUNNERSについて(お知らせ)

ページ更新:2018/3/1

現在の立命館学術情報システム(RUNNERS)はシステムの保守期限を迎える2018年3月8日に新システムに更新し、新たなRUNNERSに生まれ変わります。新システムの機能および、旧システムから新システムへの移行に伴う運用面での変更点や注意点をお知らせします。


OPAC(オンライン蔵書目録)が新しくなります

画面構成が新しいデザインになります。PCでもスマホからでも自動的に画面サイズに最適化されたレイアウトで表示されるようになります。検索結果を他の検索サイトでも検索する連携機能は、連携先サイトが増えるなど機能が強化されます。また、OPACの検索結果に関連する資料を紹介する機能が新たに加わります。例えば、
■類似資料:書誌の件名/分類と一致度が高い資料を表示します。
■この資料を見た人はこんな資料も見ています:新システムの検索履歴データを元に、OPAC詳細画面へのアクセス頻度が高い順に資料を表示します。
■この資料を借りた人はこんな資料も借りています:貸出履歴データを元に、利用頻度の高い順に資料を表示します。


MyLibraryが新しくなります

MyLibraryは立命館大学の皆さんがインターネットを通じて資料・資源・検索ツールなどを自分の書斎や勉強部屋のように整理しておけるWeb上の図書館です。これまで通り、資料の予約取寄せ、貸出状況の照会、貸出期間の延長手続き、図書購入リクエストなどの各種手続きを行うことができます。 MyLibraryも画面構成が新しいデザインになり、新たに蔵書検索に役立つ図書館機能が活用できるようになります。例えば、
■新着案内:資料の種類(図書、雑誌、AV資料)ごとに、1~5ヶ月以内に図書館に届いた資料がリストアップされます。
■アクセスランキング:OPAC検索ワードのアクセス数をランキングで表示します(これは2018年度秋学期からサービス開始の予定です)。


MyLibraryの設定は移行されません

これまで各自がMyLibraryに保存していたブックマークやSDIアラートサービスの設定等は新システムのMyLibraryには引き継がれません。今後も利用するブックマークやSDIアラートサービスの設定等があれば、必ず各自で2018年3月4日までにバックアップしておいてください。


MyLibraryは自動的にはログアウトされません

自身の個人情報を守るため、使い終わったら必ずログアウトを行ってください。


自動貸出返却機からレシートが印字されません

新RUNNERSに移行後は、自動貸出返却機からレシートが印字されません。貸出・返却を行った後は、MyLibraryで 自分の利用履歴を確認してください(MyLibraryにログイン後、「利用者サービス」メニューの「貸出・予約状況照会」をクリックしてください)。なお、レシートが必要な場合は、各館のサービスカウンターにご相談ください。


返却期限日は曜日等に関係なく開館日に設定されます

図書館の開館日であれば土曜や日曜・祝日でも返却期限日になります。 日程に余裕を持って延滞にならないよう返却してください。


<教員の方のみ>
これまでは返却期限日の予告メールのみ送信していましたが、2018年4月からは返却期限日を越えた場合もメールが送信されます。ただし、科学研究費助成事業によって購入した図書資料は当該研究期間終了日が貸出期限日になっていますので、研究期間中にもかかわらず予告メール等が届いた場合はお手数ですが衣笠/朱雀キャンパスの方は衣笠リサーチオフィスに、BKC/OICの方は図書館サービスカウンターにお申し出ください。


ライブラリーカード利用者のMyLibraryログイン方法が変わります

リニューアル後は、ライブラリーカード利用者の方の MyLibrary へのログイン方法が変わります。立命館大学図書館のホームページの下部メニューにある「MyLibrary専用IDログイン」をクリックするとログイン画面 に変わるので、そこで MyLibrary専用IDとパスワードを入力してください。

  

OPAC検索結果のサンプル画面
(注)開発中のため完成時は異なる場合があります

大きい画像を見る