平井嘉一郎記念図書館
カンファレンスルーム・シアタールームの使用について


本学教職員は、平井嘉一郎記念図書館の以下の施設を予約して使用することができます。
教職員証をお持ちの方(以下「申請者」と略)が対象施設の利用を申請することができます。
対象施設に入室する学外者等の方は、申請者の責任の範囲内においてご利用いただくことになります。

■カンファレンスルーム
国際会議・学会・学内外の研究会・各種授賞式の会場・ポスターセッション・海外ゲストを招いたイベントなどで使用ください。
【設備】タブレット付椅子81席、プロジェクター2台(解像度1280×800)、長机2台、ワイヤレスマイク6本(内1本ピンマイク)。
 

■シアタールーム
学術・研究、学びの成果といった情報を発信する場として使用ください。
【設備】固定机40席、プロジェクター1台(1920×1200)、有線マイク1本(ワイヤレスマイクは無し)。
 

■ 控室
ゲストの控室などで必用な場合に使用ください。
【設備】机1台、椅子4脚。

使用可能期間・時間帯

・利用できる日は平井嘉一郎記念図書館の開館日のみで、閉館日は利用できません。
・利用できる時間帯(会場設営作業を含む)は、開館30分後から閉館30分前までです。
・予約受付は年度内の利用のみとし、次年度分は3月1日から予約できます。
図書館の開館日程(図書館ホームページ)

予約方法

施設の予約申し込みができるのは本学教職員のみです。

(教員)
施設の予約状況はサービスカウンターまでお問い合わせください。予約申込はの「施設予約申込書(平井嘉一郎記念図書館)」をダウンロードして記入し、学内便でサービスカウンターまで送付してください。
*書式:施設予約申込書(平井嘉一郎記念図書館)

(職員)
施設の予約状況はoffice365「全学会議室」→「衣笠キャンパス」で確認できます。予約申込はoffice365教職員ポータルシステム[文書閲覧・共有]の「マニュアル・様式」→学術情報部→図書館施設利用から、「施設予約申込書(平井嘉一郎記念図書館)」をダウンロードして記入のうえ、サービスカウンターまで送付ください。予約入力はサービスカウンターで行います。


使い方

・カンファレンスルーム、シアタールームは、教職員証(ICカード)で解錠・施錠できます。
・控室は、普段は施錠していません(施錠が必要な場合は図書館1階サービスカウンターでシリンダーキーを貸与します)。
・利用後は、消灯、机・椅子をもとに戻して原状復帰させ、施錠して利用を終えてください。荷物や資料、廃棄物などがあれば回収し、館内に残置物を生じさせないでください。
・施設内で飲食をともなう行事を開催する場合は、利用後申請者ご自身で清掃等を行うことが必須条件となります。
・視聴覚機器の操作は、申請者ご自身が備え付けの操作説明書に従って行ってください。
・機器に関しては、室内の内線電話で中央監視室(内線2929)までお問い合わせください。
・機器の故障等は部屋内の内線電話でクレオテック衣笠キャンパス管理室(内線2929)にご連絡ください。
・対象施設または貸与物品の破損・汚損があった場合は、相応の賠償を請求させていただきます。十分に注意してご使用ください。
・ビデオソフト等を持ち込んで上映するときは、制作会社等から上映権の許諾を受けた映像資料を非営利かつ無料で行わなければなりません(著作権法第38条)。
・設備保守・災害避難等、図書館長が必要やむを得ないと認めるときは、利用目的のいかんにかかわらず、対象施設の利用を変更、取消または中止させていただくことがありますので、あらかじめご承知おきください。
・図書館内施設であることに留意し、マイクのレベルを大幅に超える音量を生じさせないよう注意してください。
・その他、立命館大学図書館利用規程等で定められた事項を厳守してください。

(貸与物品について)
・対象施設内に備え付けられた物品のみ貸与いたします。それ以外の物品については、ご自身で準備・調達してください。
・貸与物品は、必ずご自身で所定の保管場所に返却してください。

(掲示物等について)
・図書館内(対象施設内を含みます。以下同じ。)の壁面やガラス面等にテープ等で掲示物を直接貼付することは堅くお断りいたします。
・図書館内で掲示物の掲出が必要な場合は、対象施設への案内・誘導を目的とした標示に限って、立て看等を申請者ご自身で準備・調達して行ってください。
・会議資料の配付を除き、図書館内でチラシを配布することはご遠慮ください。
・図書館正面出入口周辺に立て看等を設置しないでください。

お問い合わせ(担当)

平井嘉一郎記念図書館サービスカウンター
内線511-2526 メール:facility@st.ritsumei.ac.jp