リザーブブック

教員によってリザーブブックとして授業で指定された図書は、各館(※1)のカウンター内で複数冊を保管しています。より多くの学生が利用できるように、通常よりも短い期間(※2)で貸出をします。

リザーブブックとして指定された図書の一覧はこちらから各館毎に確認いただくことができます。 また、リザーブブックとして指定された図書はOPACの検索結果画面の「配架場所」に「リザーブブック」と表示されています。リザーブブックを利用する際は各館カウンタースタッフに書名をお伝えください。

(※1) 実施館は、平井嘉一郎記念図書館、メディアセンター、メディアライブラリー、OICライブラリーの4館です。
(※2) 原則として翌日返却となります。貸出手続きをした翌日の、閉館時刻15分前までに返却してください。なお、館内利用の図書もあります。(2011年4月1日より)

リザーブブックを指定する教員の方へ

「リザーブブック申込書」(xls形式)に必要事項を記入の上、メール、FAX、または最寄りの図書館カウンター、もしくは郵送にて提出してください。

※受付け次第、図書資料の準備を始めますが、資料によっては日数がかかる場合があります。

申込から利用可能になるまでの日数の目安は次の通りです。

  • 図書館既蔵資料:約2週間
  • 新規購入資料(和書):約1ヶ月
  • 新規購入資料(洋書):約2ヶ月

※下記の資料はリザーブとして取り扱うことができません。

  • 辞書・事典類
  • 雑誌
  • 新聞
  • 視聴覚資料