海外留学プログラム(学部独自)

最も国際化が進んでいるライフサイエンス分野では、グローバル規模のプロジェクトが展開され、世界中から集まるライフサイエンスの専門家が、情報や意見交換し、その成果を国際学会で口頭発表、論文や報告書として発信しています。そのため、生命科学部では、各分野の先端的研究をプロジェクトテーマとして、世界中から情報を集め、議論し、その成果を英語で発信する能力を養成することを目的とした「プロジェクト発信型英語プログラム」を実施しています。

2013年度より、この英語の授業で身につけた発信する力を実践するため、学部独自海外留学プログラムを実施します。

アメリカ合衆国カリフォルニア大学デービス校「サイエンス&テクノロジー」プログラム

「サイエンス&テクノロジー」プログラムでは、語学力のアップはもちろん、最先端のサイエンスやテクノロジーの分野を英語で学びます。授業ではグループワークやプレゼンテーションを中心とし、発音やプレゼンテーションスキルの向上が期待できます。また、毎週一回、大学内の実験・研究施設や現地企業の訪問も含まれ、充実したプログラムです。
授業外では、デービス学生との交流イベントも予定されており、学んだ英語を楽しみながら実践することが出来ます。

カリフォルニア大学デービス校は、カリフォルニア州の北に位置し、サンフランシスコやサクラメント、ヨセミテにも近く、治安の良い地域です。また、農業学校として創立され、現在では農業、農場経営、生命科学、植物学などの分野でトップレベルを誇る大学です。カリフォルニア大学群の中でも最大の広さを誇り、その広大なキャンパスにはおよそ3万3,000人以上の学部生および大学院生が通っています。

プログラム概要
行き先 対象回生 研修期間 単位数 募集時期
アメリカ
カリフォルニア大学
デービス校
1~3回生 春期
(2月初旬~3月初旬)
約4週間
4単位 6月中旬