INTRODUCTION

学科紹介

食料・環境・生物資源・エネルギーに
関する諸問題の解決に貢献する

生物工学科では、食料・環境・生物資源・エネルギーなどの人類の基盤となる多角的な分野を対象にしています。本学科で化学・生物学を基盤とした最新のバイオテクノロジーに関する知見・技術を身につけて、あなたも人類が直面する諸問題の解決に貢献しませんか?

生物工学で世界の食糧問題を解決する

2050年には地球上の人口が90億人に達し、食料確保が困難になると予想されています。 生物工学科では、微生物を活用した食料の有効活用、 病気に強い植物の育種、農地の土壌環境の改善などを通じて、 食料の増産と食料ロスの削減に挑戦しています。

生物工学で世界の環境問題を解決する

大気汚染や水質汚染といった公害、絶滅危惧種や地球温暖化などの 生態系破壊、地球規模での環境が社会問題化しています。 これらの諸問題を解決するため、 生物工学科では、「微生物」や「植物」を 積極的に活用する研究・開発が行われています。

生物工学で世界の生物資源・
エネルギーの問題を解決する

生物自体や生物が作り出す物質(生物資源・バイオマス)は 酵母などの微生物のはたらきによって、エタノール、メタン、 水素などのエネルギー源に変換することができます。 化石燃料の枯渇が目前に迫る現在、持続可能な社会構築のための重要な資源です。

MOVIE

ムービー

生命科学部 生命科学研究科 Movie

生物工学科 紹介

COURSE

資格・進路

卒業後活躍できる分野

化学・医薬品/食品関連分野/化粧品関連分野/エネルギー・環境関連分野/公務員、教員など

取得できる資格など

教員免許状:中学校教諭第一種免許状(理科)、高等学校教諭第一種免許状(理科)

毒物劇物取扱責任者(国家資格):毒物や劇物の製造・販売などを行う事業所で、それらの取扱による保健衛生上の危害の防止に当たる技術者

甲種危険物取扱者:(国家資格)第1類〜第6類の全ての種類の危険物を取り扱ったり、その取扱いに立ち会うために必要な資格を持つ者