学域紹介

  • 人間研究学域

    人間研究学域は、哲学・倫理学専攻と教育人間学で構成されます。両専攻は人文学の中心問題である<人間>を、根源的な次元にたち帰って捉え直し、あるいは社会的な諸事象を通して統合的に探究します。「人間とは何か」、「生きる意味」といった今日の人間の問題に迫り、人間の可能性、人知の可能性を創造的に切り拓いていくことが、共通の課題となります。

  • 日本文学研究学域

    日本文学研究学域、日本文学専攻と日本文化情報学専攻で構成されます。歴史的、空間的、さらには社会的な視野を教育・研究の方法に組み込みながら、国際化する現代社会のおける日本文学の意義を探求。文字のみならず絵画・映像などを情報として捉え、図書館情報学を扱う日本文化情報学専攻も、伝統ある文学研究の場に、新たな相乗効果をもたらすことが期待されます。

  • 日本史研究学域

    日本史研究学域は、日本史学専攻と考古学・文化遺産専攻で構成されます。主として文字で書かれた史資料を対象とする方法と、遺跡や遺物を中心とする文化遺産を対象とする方法が、相互に研究成果をとりいれながら、新しい日本史像を構築します。歴史研究をつうじて明らかにされる政治・社会・文化の諸問題は、現代社会を解く鍵ともなるでしょう。

  • 東アジア研究学域

    東アジア研究学域は中国文学・思想専攻、東洋史学専攻、現代東アジア言語・文化専攻で構成されます。アジア諸国の発展にともなって、わが国には現在、新たな国際戦略が求められていますが、中国・韓国を中心とする東アジア地域を地理的範囲とし、その歴史や言語、伝統的文化から現代の文化までを幅広く研究対象とすることで、この現代的要請にも応えることができるしょう。

  • 国際文化学域

    国際文化学域は、英米文学専攻、西洋史学専攻、文化芸術専横で構成されます。世界の成り立ちを歴史的に理解し、それを踏まえて多種多様な文化と向き合う態度を培うことが今日、きわめて重要な課題となっていますが、本学域専攻では、芸術・文学・歴史・思想といった、人間文化・社会の多岐に関わる諸学問を横断したうえで、このブローばるな課題に対応する能力を涵養します。

  • 地域研究学域

    地域研究学域は地理学専攻、地域観光学専攻、京都学専攻で構成されます。この3専攻が共通して対象とする「地域」とは、さまざまな現象が相互に影響し、絡み合うなかで、他とは区別される特徴を帯びた空間的な広がりを指します。フィールドで学ぶことを基本としながらも、空間スケールを自在に変え、多角的な研究視点・手法も交えながら、現代的な諸問題に取り組むこととなります。

  • コミュニケーション学域

    コミュニケーション学域は、言語コミュニケーション専攻と国際コミュニケーション専攻で構成されます。ことばとコミュニケーション(日本語・英語)は人と社会のかなめとなる存在です。本学域ではことばとコミュニケーションを実践を通して深く学びます。さらに、人と文化、社会にかかわる多様な学びを通して、異文化を理解する力と英語力を身につけ、文化的実践を担うことのできる人材を育成します。

  • 心理学域(2016年度より募集停止)

    心理学域は、心理学専攻単独で構成されます。幅広い心理学の全領域を対象にして、人間の心と行動を科学的に理解するための知識と技術を学び、さらには、われわれが心理学的な問題に直面したとき、その解決につながる方途を発見する応用力の獲得を目指します。具体的には、知覚や認知過程を研究する実験心理学、人の成長過程を研究する発達心理学、人と人の相互作用を研究する社会心理学、そうした科学的成果を社会で活かす応用・臨床心理学を広く学ぶ環境を提供します。