東アジア研究学域

東アジア研究学域は中国文学・思想専攻、東洋史学専攻、現代東アジア言語・文化専攻で構成されます。アジア諸国の発展にともなって、わが国には現在、新たな国際戦略が求められていますが、中国・韓国を中心とする東アジア地域を地理的範囲とし、その歴史や言語、伝統的文化から現代の文化までを幅広く研究対象とすることで、この現代的要請にも応えることができるしょう。

中国文学・思想専攻

教学理念

中国で生まれた漢字は東洋の文化圏を形成する核となり、中国から発信された文化は日本や朝鮮をはじめとする東アジア地域全体の基層となってきました。その文化的特徴、伝統、交流の道筋をよく理解し、現在を見据えることによってこそ、東アジアの未来への展望が開けます。ここに中国の文学や思想を学ぶ意義があります。中国では文学・思想あるいは文化・芸術の領域において、興味深い人間の営みが古代から多様に表現されています。文学では詩歌・小説など種々のジャンルが高度に発達し、時代や地域を越えて共感できる人々の感情や生きる姿を描き出しました。思想では儒家、道家などが現れて東洋的思考の源泉となり、現代の諸問題を解決する可能性も有しています。さらに書画などの芸術、料理や茶に代表される生活文化は、古くて新しい魅力を放っています。

中国文学・思想専攻では、卒業論文作成に至るまでの系統的な学習と古代漢語・現代中国語の習得を通じて、中国の悠久の歴史に育まれた文学・思想及びその他の伝統文化に広がるさまざまな問題を探求し、過去から現在に及ぶ文化的営為について、豊かな知識を学び取り理解を深めていきます。その理解をとおして現在と未来を展望し、日本のみならず、世界的な規模で活躍できる人材を育成することを目指します。

特徴

① 古代から現代に及ぶ文学・思想の種々の問題を探究することで、東アジア文化の基層と本質を知り、また漢字や漢文の豊かな知識を修得し、現代中国語の確かな語学力を養って、東洋学的教養を身につけると共に、国際交流や国語教育に活用することができる。

② 中国の文学や思想を中心に学びながら、同学域内の東洋史専攻および現代東アジア言語・文化との学びの連係によって、東洋史学的方法や現代中国・朝鮮の状況を視野に入れ、東アジア全般の文化の歴史と現在の動向も学び取ることができる。

③ 文学・思想の各領域の専門教員が担当する小集団教育によって懇切な指導が受けられ、また海外留学の道も広く開かれており、大学収蔵の豊富な文献・資料類の活用だけでなく、実際に中国文化を体験することもできる充実した学びの環境が整備されている。

専攻オリジナルサイト

東洋史学専攻

教学理念

21世紀、アジアは急速に経済を発展させ、文化面でも、これまでのもっぱら受け手の立場から、自ら情報発信源として、その存在感を増しつつあります。東洋史学専攻は、このようなダイナミックに変容するアジア社会の歴史的形成過程を起源にさかのぼって研究し、総合的に理解することを目指しています。従来の枠組みや価値基準が揺らぎつつあるなか、西欧文明とは異なる独自の文明を古くから育んできたアジアの歴史に注目が集まっています。その意味でも東洋史学の研究は今日的課題にこたえる学問領域といえます。

東洋史学は私たちにとって基本的に外国史研究ですが、日本がアジアの東端に位置することからすれば、単純に外国史とは言えない部分もあります。とくに東アジア歴史の中核をなす中国は古くから日本と交渉があり、わが国の文化の形成に強い影響をあたえました。東洋史学は私たち自身の歴史を問う営みでもあります。また、東アジア地域は漢字を共通の基礎としながらも、多様な伝統文化を形成してきました。そうした個性的な文化や人々の生き方を学び理解することで、現代社会に対する柔軟で多面的な視座を手に入れることを目指します。

特徴

① 中国を中心とする東アジアの歴史を学ぶ際に、学生自身による史料講読を重視している。実際の史料を自分で読み込み当時の社会や文化を肌で感じることで、歴史のより深い理解を目指す。

② 我々の文化的基礎となった東アジアの伝統文化を学ぶことで、現在の我々自身を見つめ直すと共に、西洋文明とは異なるアジアの文化を学ぶことで、現在の世界が直面している様々な問題を解決する手掛かりを探求する。

③ 東洋史学専攻で中国を中心とする前近代の歴史を学びつつ、学域内の中国文学専攻及び現代東アジア言語・文化専攻との連携により、歴史だけでなく文学や思想も学ぶことで当時の社会を立体的に理解し、過去だけでなく現代をも視野に入れることで歴史を現代的課題として考察する視点の獲得を目指す。

専攻オリジナルサイト

現代東アジア言語・文化専攻

教学理念

中国・朝鮮半島・日本によって構成される東アジア地域は、漢字文化圏としての共通性を基礎に、人々の直接的往来を通じた深い文化的交流を行なってきました。近年では、人・モノ・資本・技術の国境を超えた移動が進み、錯綜した様相を見せながらも、東アジアという大きな枠組での経済・文化圏(東アジア共同体)が構想されるまでに至っています。本専攻では、越境が進みつつある東アジアという視点から、ダイナミックに変容する中国(台湾を含む)と朝鮮半島における現代的課題について専門的に学びます。現在、東アジアでは、「華流・韓流・日流」が流行語になっているように、大衆文化などを通じた相互交流が活発に進んでいる一方で、過去の歴史や冷戦体制によって生じた未解決の問題も数多く残されています。

今後、活発な学域内交流を通じて文化の共通性を再発見し、21世紀的な価値観を創造しながら、様々な問題を平和的に解決していくことが期待されています。本専攻では、中国語または朝鮮語の実践的なコミュニケーション能力を培いながら、同時代の東アジア各地域における文化や社会、歴史に対する理解を深めます。また、東アジアの人々と直接触れ合う現地実習プログラムを通じて、異文化理解と多文化共生について体験的に学びます。こうした実践的な学びを通じて、21世紀のアジア新時代を担い、国際的な舞台で活躍できる人材の育成を目標とします。

特徴

① 東アジアの現代的課題を、文化的・歴史的に広く理解できる能力を育成します。

② 朝鮮半島と中国(台湾を含む)が直面する課題を、文化(文学・サブカルチャー・現代史など)的視角から深く検討できる能力を育成します。

③ 現地実習・遠隔講義などを通じて実践的な中国語・朝鮮語コミュニケーション能力を養成します。

④ 東アジアの現代的課題への考察を軸とした4年間にわたる小集団教育によって、自ら問題を発見し解決していく能力を育成します。

専攻オリジナルサイト

教員一覧

教員名 研究テーマ
データがありません