長友 朋子教授

日本史研究学域

長友 朋子 教授 研究者学術情報データベース
  • 専門分野

    弥生・古墳時代の考古学、日韓比較と民族考古

  • キーワード

    弥生・古墳時代、器物生産、食文化、民族考古学

  • 私の研究ここが面白い

    弥生から古墳時代には、水稲農耕の普及、王権の成立、古代国家形成過程の解明など、日本の歴史を知るうえで重要な研究テーマが豊富にあります。そのなかでも、私は社会の複雑化する弥生・古墳時代を、器物生産という視点から研究しています。また、土器や木製容器の用途に関連することから、食文化にも関心をもっています。考古学的研究を軸としながら、民族学的調査をおこなったり、共同研究者らと理化学的分析と考古学研究成果を総合化するなど、時には学域を超えて研究を進めるなかで、視野がひらけ疑問の解けたときの喜びはひとしおです。過去の人々の生活の痕跡や墓、そこに残された物から歴史を再構築する楽しさを、ともに感じてみませんか。