中村 仁美准教授

国際文化学域

中村 仁美 准教授 研究者学術情報データベース
  • 専門分野

    20世紀前半のアイルランド文学(おもに詩と小説)

  • キーワード

    アイルランド文学、北アイルランド文学、南北分割、国境、文学と場所

  • 私の研究ここが面白い

    好きな作家の故郷だからという(やや不純な)動機で留学したアイルランドで、土地や場所、そしてそこに根ざす人々の記憶表象としての文学の力に魅かれました。ある詩人は「偏狭にこそ普遍は宿る」と言いましたが、私の研究では、「偏狭」を「辺境」と言い換えることもできるかもしれません。アイルランドが独立と南北分割を経験した20世紀前半、北部には自らの「場」に様々な想いを馳せ、作品に昇華させた作家たちがいました。出自や宗派の異なる人々の共生と、境界をめぐるドラマを描いた作品に、今日の世界にも繋がる何かを感じて研究を進めています。