ニュース

韓国の尚文高等学校ご一行が来学されました。

2018年1月23日、韓国の尚文高等学校から、金昌東校長はじめ3名の教員と23名の生徒が本学を訪問しました。尚文高等学校はソウルの端草区にある私立の男子校で、今回は1年生の生徒が冬季海外研修の一環としてキャンパス・ツアーに参加しました。
 キャンパス・ツアーの最初は文学部東アジア研究学域の庵逧由香教授の模擬講義で、「日本の韓国認識変化と日韓関係」と題して韓国語で行われました。講義内容は、日韓の歴史認識の違いがどこから来るのか、またこの20年の間に、日本社会の中の韓国認識や日韓関係がどれだけ大きく変化したのかについてでした。
おそらく90分の講義を受講するのは初めてだろう高校1年生の生徒達でしたが、最後まで熱心に講義をきき、活発な質疑応答もみられました。最後に記念撮影を行い、友好を深めました。
 
尚文高校のご一行は、その後に学生食堂で昼食を取り、国際平和ミュージアム見学や平井嘉一郎図書館見学、大学説明会などに参加しました。

 
          <講義の様子>                <尚文高等学校のみなさま>