ニュース

中国 深圳大学ご一行が来学されました。

   2018年6月8日(金)に中国の深圳大学から、副学長の李永华先生をはじめ4名の教員の方々が本学を訪問されました。
 
   深圳大学と立命館大学は、2000年に学生交換協定を締結し、毎年度相互に学生を派遣し交流を行ってきました。
また、文学部では、学部独自の海外留学プログラム「イニシエーション実習(中国)」を毎年度実施しています。プログラムでは、深圳大学での中国語の授業体験や同学学生との市内でのフィールドワークを行い、交流を深めてきました。

   懇談会には、市川副総長をはじめ、文学部から上野学部長、国際部から磯田副部長、そして国際連携室の駒見副室長が出席されました。
深圳大学・立命館大学で実施している国際交流プログラムについての情報を交換し、今後更に交流を強化していくという事を確認しました。
また、会の最後には現在立命館大学に留学中の深圳大学の学生も参加し、彼女の留学生活の状況を報告し、大変和やかな懇談会となりました。

   懇談会後には、孔子学院へご一行を案内し、孔子学院の事業内容について紹介しました。