院生の2年間

院生の2年間イメージ(社会人M.K.)

※2014年度までのカリキュラムにおける実績です

0年目-3Q:科目等履修生制度でプレ受講

授業の雰囲気がつかめ、自身が大きく成長する実感も。
入学への意欲が高まる。

0年目-春休み:受験!そして入学。

入学時のオリエンテーリングとパーティで、社会人ながらも「学生」の気分が高まる。

1年目-1Q:基幹科目中心に4コマ受講

この時期は、ペアやグループでの発表が多い。
授業後の交流会で同期生との親交と理解を深める。

1年目-2Q:「組織と個人」など プログラム以外の講義にも感銘

一見違う専門分野の授業を複数同時に受講することで、より統合的な理解が出来ることを体感。

1年目所属ゼミ決定フィールドワーク

フィールドワークで、数日間仲間と過ごすことが貴重な経験に。

1年目-3Q:所属のマーケティングプログラムを中心に、より専門的な講義も受講

前期受講の基幹科目に比べて、テーマがより専門的な講義が中心に。
個人での発表も増えるが、皆のプレゼンテーションスキルも入学時に比べると大きく成長!

1年目-4Q:ビジネスプランコンテストなど、より高度で実践的な講義に挑戦

目玉講義「ビジネスプランコンテスト」。実際の企業に課題をいただき、発表する。優勝チームは海外研修旅行!

1年目-春休み:ゼミキックオフ

先生のお宅でゼミのキックオフ合宿。課題研究論文のテーマを固め始める。
また、授業だけでなく、自主勉強会にも参加や主催をするように。

2年目-1Q:論文のテーマを絞りきれず迷走・・・

受講は1コマと控えめに。
論文に時間を集中するも、問題意識をうまく整理できずに悩みの多かった時期。

2年目-2Q:論文に専念

初心に返り、改めて専攻研究に励む。
苦労の末、仮説のフレームワークが出来上がる。

2年目-夏期休暇:論文の骨格イメージがクリアに

全ての休日を使って黙々と論文を進める(家族に感謝)。

2年目-3Q:論文完成

対象企業の取材など最後の素材集め。
その後、土日にサテライトキャンパスで一気に書き上げる。

2年目-4Q:論文口頭試問

緊張の口頭試問が無事終了。
最後のクォーター、ひとつひとつの授業を噛みしめながら取り組む。

修了-春休み:OBとしても活動

新年度ガイダンスにて、後輩へ論文の書き方についてのレクチャーを行う。