課題研究

本研究科では各講義科目で修得した様々な知識や能力を応用して、「課題研究」に取り組むことを重視していることから、この科目を必修としています。
演習科目である「課題研究」(ゼミ)では、院生のビジネス上やキャリア上における実践的な問題関心と課題を具体的に解決することを研究課題とし、「課題研究レポート」を作成します。
「課題研究」の内容は、実証研究および事例研究のほか、戦略立案、組織設計、新規事業計画、新製品開発、実務課題のソリューション、学術的な観点からの研究等、現在進行中のテーマや自らが構想中のものを取り上げることができます。 院生のバックグラウンドや修了後のキャリア形成が多様であることを考慮した幅広い「課題研究」のテーマに対応できるよう、各専門分野の実務家教員または研究者教員が担当しています。

過去の課題研究テーマ

課題研究テーマ
自動車のCASE化と高速道路の市場創造
ブロックチェーン技術の新たな応用 ブロックチェーン技術を用いたクラウドストレージのビジネスプランの考査
日本老舗オーナー企業におけるデジタル・シフトに即したボトムアップ式組織変革の提案 ―コミュニケーションツールを活用して―
不確実性の時代に沈黙する日本企業への提言 ―歴史に学ぶイノベーション組織の諸条件―
コロナ禍時代を切り拓く ―「競争」から「共創」へ―
女性リーダー創出に向けた採用・育成段階の課題と展望
中国における介護市場の現状と課題