ゲストスピーカー

2011年12月24日(土)

ファイナンス特殊講義「新時代の金融システム」
永井 秀哉 教授
ゲスト
㈱富士通総研
川田 憲治

りそな改革 ―新時代の金融サービスへの道

 ゲストの川田氏は㈱りそなホールディングス(代取)社長(H15)より、㈱りそな銀行副会社(H17より)、㈱埼玉りそな銀行(代取)社長(H18より)を歴任され、まさに「りそな改革」をその陣頭に立って指揮された。この講義においては企業再生の要諦として、3つのホライゾン(①止血と早期成果②基盤構築③成長の再創出)に分けて、「りそな改革」のポイントを段階的に講じた。①②の戦略は、「量から質への転換、透明性・スピード経営、金融サービス業への進化」が志向され、③の戦略としては、「地域サービスを軸にしたお客さま発、また地域発の運営をめざすこと、サービスの質とローコスト運営による生産性の徹底追及、そしてサービスカルチャーへの転換」が志向された。これに基づきまず第1段階(Hop)では「飛躍に向けた体制づくり(財務・内部体制改革等)」が達成され、第2段階(Step)では「リストラから営業力強化(基盤整備)」が実現され、現在は第3段階(Jump)にあって「企業価値の最大化(収益力倍増、好感度NO1、健全性・透明性NO1)」に向けた努力が続けられている。2回の講義を通じて本コースの学習目標である「新時代の金融システム」を考えるに当っての、極めてビビッドな活きた実例を講じていただき、受講生諸君にとっても大いに啓発され参考となり意義深い講義であったと思料される。