ゲストスピーカー

2022年05月21日(土)

経営管理特殊講義Ⅱ「介護経営」
中井 孝之客員教授・光山 誠 授業担当講師
ゲスト
株式会社PACENOTE(ペースノート)・代表取締役
由井 聖太

データを活用した科学的な介護経営の実践

211205_02

今回のテーマは「データを活用した科学的な介護経営の実践」であり、ゲストスピーカーとして株式会社ペースノートの代表取締役由井聖太氏を招いた。由井氏は東京大学を卒業後、経済産業省に入省し、その後マッキンゼーに移り、国内外の製造業に対する事業再生案件などの支援を行ってきた。

講義では、特養や老健等の介護事業、保育事業を営む(社)由寿会の理事(親族が理事長)として、2019年より実施してきた、様々な経営改善を説明された。続いて、介護サービス向けのクラウドサービスの開発およびコンサルティング業務を事業とする(株)ペースノートを2020年に創業された思いと経緯について紹介された。ペースノートのプロダクトは、ショートステイのクラウド型の予約管理システムであり、ショートステイの予約管理は、利用者やケアマネージャーの対応を含めて施設の相談員が行うことが多いが、ペースノートの予約管理システムは従来のエクセルによる手作業型管理の欠点を補うものであり、①売り上げアップ、②紙作業の激減、③相談員の育成の効果が見られるなど具体的に説明された。

講義の後、(社)由寿会の経営改善の方法とその効果、ペースノートのプロダクトの仕組みや利用している法人の急速な空室率改善などを巡って、受講生との質疑応答や意見交換が活発に行われた。