ゲストスピーカー

2015年01月26日(月)

市場戦略
ルディー和子 教授
ゲスト
メリルリンチ日本証券株式会社 調査部マネージングディレクター
(都合により氏名非公開)
*****

小売・流通業界の現状と展望+企業分析や市場分析の方法

1. 消費の現状
消費税増税後のインパクトをユニクロといった低価格志向の企業や海外からの訪問客の消費金額の推移から考える。結論は、消費税増税は消費者の価格志向を強めるとともに、小売業のシェアの流動性を高めるきっかけになる
2. 日本におけるEコマース
Eコマースが従来の小売業に与える影響(ネットは脅威にもなるしチャンスにもなる)、アマゾンが市場を席巻する真の理由を決算書から考える。
3. 世界で起こった流通革新をECRを中心に考える
世界の大手小売業者が大きくなった真の理由はECRにあることを図表や数字で証明
4. 日本における製販連携
日本の流通における無理、無駄、ムラを明らかにする。小売業のインセンティブを破壊する取引銀行の実態。リアル小売業がいまなすべきは、自社で販売している商品の流通構造全体を徹底的に検証し、革新を図ること。
5. 先端技術を用いた高精度な在庫管理
日本企業の経営課題は在庫管理にある。在庫は財務と業務の接点。業務改革が成功しなかった理由。先端技術を用いた高度な在庫管理手法が日本の小売業に必要。新しい在庫管理手法ARIMAモデルの紹介
6. セブン&アイ 戦略試案
オムニチャネル戦略の評価
7. アナリストが企業や市場を評価するときに、どういった要素をチェックするのか?
チェックリストとその説明