教員紹介 専任教授

専任教授

鳥山 正博 教授

鳥山 正博 教授

専門分野

マーケティング戦略、マーケティングリサーチ、エージェントベースシミュレーション

主な経歴

国際基督教大学卒(1983年)、ノースウェスタン大学ケロッグ校MBA(1988年)、東京工業大学大学院修了、工学博士(2009年)。2011年まで(株)野村総合研究所にて経営コンサルティングに従事。2011年より現職。2019年度はノースウェスタン大学ケロッグ校にて客員研究員。とりわけマーケティングイノベーション、脳科学とマーケティング、世界のビジネス教育のイノベーション、イノベーション組織が最近の関心領域。マーケティングリサーチ・メディア・小売領域で特許出願多数。

主な業績

"Sony Computer Science Laboratories: Sustaining a Culture and Organization for Fundamental Research" (Kellogg School of Management 2020 共著)、『ブラックマーケティング 』(KADOKAWA 2019 共著)、『バリューマーチャント』(サウザンブックス 2018 監修)、『コトラー マーケティングの未来と日本』(KADOKAWA 2017 監訳・解説)、「購入に影響を及ぼす情報源と情報発信の変化~39商品カテゴリの横断分析~」(マーケティングジャーナル2013)、『社内起業成長戦略』(マグロウヒル 2010 監訳)、「企業内ネットワークとパフォーマンス」(博論 2009 社会情報学会博士論文奨励賞)、 「エージェントシミュレーションを用いた組織構造最適化の研究 : スキーマ認識モデル」(電子情報通信学会誌 2009)

兼職

担当科目

マーケティング/マーケティングリサーチ/商品開発/デジタルマーケティング/課題研究

立命館大学 研究者学術情報データベース
講義の動画

教員からのメッセージ

アカデミックな論文作法を身につけることもさることながら、起業のビジネスプラン・社内の仕組みづくり・中長期の経営計画やビジョン策定・ビジネス書の執筆など「広義の」研究に本気で取り組んでもらいたいと思っています。人生の中で1年以上もかけて一つの論文に取り組む機会はなかなかありません。折角の機会ですので、プロフェッショナル人生にとって最も重要なテーマを選び本気で取り組んでもらいたいと思っていますし、その為の支援は惜しみません。また授業では実際に調査を行った上企業に提案するプロジェクトを行うなど実戦的な経験を積んでもらおうと思っています。

ゼミ生・受講生からの声

  • 在学中のみならず大学院修了後の活動にも有益なアドバイスをしていただける先生です。(大学院修了後、課題研究論文の完成度をより高め、学会での発表をはじめ、学会誌への投稿論文が掲載されました。)鳥山ゼミでは、在学生と修了生との情報交換もフェイスブックを通じて盛んに行われている。

    社会人 女性

  • ケロッグのMBAご出身で、コトラー直伝のマーケティングを学べます。特に重視されているのはケロッグ流のグループワーク。リーダーがチームを鼓舞しながら引っ張り、自然とチームのレベルアップにつながる仕掛けを用意していただけます。そんなケロッグ流を味わいたい方は是非。

    社会人 男性