教員紹介 専任教授

専任教授

肥塚 浩 教授

肥塚 浩 教授

専門分野

経営戦略、介護経営

主な経歴

1990年立命館大学大学院経済学研究科博士後期課程単位修得退学、1998 年博士(経営学、立命館大学)。1992 年以降、島根大学、立命館大学、立命館アジア太平洋大学(APU)に所属。この間、APU 教学部副部長、立命館副総長・立命館大学副学長、総長特別補佐等を歴任。現在、経営管理研究科教授・研究科長、医療介護経営研究センター長、産業学会理事、アジア経営学会理事、日本介護経営学会理事、ドラッカー学会理事。

主な業績

『現代の半導体企業』(単著、1996年、ミネルヴァ書房)、『日清食品のマネジメント』(共著、1997年、立命館大学経営戦略研究センター)、「半導体製造装置企業の競争環境とイノベーション戦略」『立命館経営学』(第56巻第6号、2018年)「介護サービス企業の経営戦略」『立命館経営学』(第58巻第5号、2020年)、『食生活のソーシャルイノベーション』(共著、晃洋書房、2020年、担当「食品企業の経営戦略とソーシャルイノベーション」)

兼職

担当科目

経営政策/技術経営/競争戦略/食農ビジネス開発/課題研究

立命館大学 研究者学術情報データベース
講義の動画

教員からのメッセージ

アカデミック教員として、理論の中の論理を分かりやすく説明しつつ、実践知と理論を結びつけることの大切さを理解してもらうことが重要な役回りだと考えています。そして、RBSが皆さんのビジネスの発見と創造の実現につながる羅針盤となり、知的エネルギーの供給源になりたいと願っています。

ゼミ生・受講生からの声

  • 立命館の「生え抜き」でもあり、これからの立命館を背負っていかれる先生。そう言う意味でも学校経営戦略実務と理論を押さえられバランスは抜群だと思います。人間的にも尊敬でき、今でもお付き合いさせてもらっています。

    経営者 男性

  • 学窓の出身でありながらも、実務経験者と同じ目線で経営学を語っていただけるので、指導を受ける上で大変説得力のある先生です。戦略経営が専門の先生で、緻密で探究心旺盛な先生ですので、経営学の幅広い知見をベースにあらゆる視点からのアドバイスをいただけます。

    社会人 女性