ご挨拶

Professional 練達の手腕

経営大学院(経営管理研究科) 研究科長 奥村陽一

地球ビジネス時代の羅針盤

私たちの住む地球には,現在70億を超える人々が生活しています。
人々をつなぐ情報・物流・金融ネットワークが著しく発展したおかげで,
世界市場はますます一体化を強めつつあります。
その結果あらゆる地域の人々がビジネスに参画するようになり,
高等教育の普及とともに,アジアでもMBAホルダーが急増しています。
世界に踏み出すビジネスパーソンの羅針盤として,MBAの実践知が重宝されているのです。

未来設計図を描く場

日本のMBAは,主として30代の異業種・異階層の人々からなるネットワークです。
それぞれが希望部署への配属,昇進昇格,海外赴任,事業承継,投資決定,新規就職,
起業など,さまざまな転機を迎えています。
MBA取得という高いストレッチを自らに課すことによって,キャリアの棚卸しができ,
新たに獲得すべき知識や経験,必要なネットワークが明らかとなります。
ここで自らの未来設計図を描くことのできた人が,MBAを価値あるものにできるのです。

ビジネスを創造するリーダーへ

世界と日本の持続的発展には,常に新しいビジネスの創造が求められます。
立命館大学ビジネススクールは,実務界の英知を結集したMBA教育をつうじて,
ビジネスの創造をめざす貴方を応援します。
ビジネスを体系的に学ぶことで,総合的視野に立って仕事ができるようになります。
ネットワークでの交流によって,ビジネスを捉える発想が広がります。
ビジネス創造の扉を開くのは, 貴方自身です。

貴方との実りある出会いをお待ちしています。

立命館大学ビジネススクール(大学院経営管理研究科)
研究科長 奥村陽一