3つの方針

 アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

学位授与方針の達成に向けて、本研究科は次のような入学者を期待しています。

(1)企業経営に関する問題意識を持つ者。
(2)経営学に関する基礎学力を有する者。
(3)外国語や簿記などの特定の能力や専門性の高い資格を有する者。
(4)修了後のキャリアを見据えて高い目的意識を持つ者。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成方針)

1.基本的な考え方

本研究科は、学位授与方針を達成するために2つのプログラムを設け、カリキュラムを編成しています。

(1)マネジメントプログラム
 主として社会人を対象にしています。「ビジネスを創造する高度な専門能力を有する人材」を養成するためのプログラムです。

(2)キャリア形成プログラム
 主として学部卒業生を対象にしています。「マネジメントキャリア形成に資する高度な専門能力を有する人材」を養成するためのプログラムです。

2.カリキュラムの枠組み

理論と実践の両面から学びを進めることが出来るよう、基礎から展開へ、さらに実習および演習へと、系統的な科目配置を行っています。

(1)基礎科目(選択必修)
 企業経営の基礎を幅広く身に付けるための科目群です。

(2)展開科目(選択)
 企業経営の各分野の専門的な力量を形成する選択科目群です。

(3)APU交流科目(選択)
 研究科が履修を認めた立命館アジア太平洋大学大学院開講科目の修得単位を認定します。

(4)実習科目(選択)
 インターンシップ、フィールドワークからなります。

(5)演習科目
 自らの関心やキャリアに応じた課題研究に取り組みます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

1.人材育成目的

理論と実践の両面から絶えず学び続け、倫理を尊び、ビジネスを創造する高度な専門能力およびマネジメントキャリア形成に資する高度な専門能力を有する人材を養成する。

2.教育目標

(1)企業経営の諸側面について広範な知識を身につけている。
(2)企業経営に必要な思考力・分析力・判断力を身につけている。
(3)グローバルな変化に関心をもちイノベーションを構想できる。
(4)正しい倫理観をもちリーダーシップを発揮できる。
(5)企業経営にかかわる調査・分析を行うことができる。
(6)高度なコミュニケーション能力を身につけている。