ニュース

2018年度、永田稔氏、花村信也氏が専任教員として着任いたします。

【各教員プロフィール】

永田 稔 教授

永田 稔 教授
専門分野
人的資源管理、異文化マネジメント

主な経歴
1990年に松下電器産業に入社し、人事部門で業務に従事した後、退職し、カリフォルニア大学ロスアンジェルス校アンダーソンスクールにてMBAを取得。その後、マッキンゼーアンドカンパニー・ジャパンにてコンサルタント、ワトソンワイアット(現ウィリスタワーズワトソン)にてディレクター兼組織人事コンサルティングチーム部門長としてコンサルタントおよびマネジメント業務に従事。現在は㈱ヒトラボジェイピー代表取締役として、コンサルタントとして活躍している。

主な業績
共著(2008)『不機嫌な職場』講談社現代新書
共著(2015)『リーダーシップの名著を読む』日経文庫
単著(2016)『非合理な職場』日本経済新聞出版社

花村 信也 教授

花村 信也 教授
専門分野
ファイナンス

主な経歴
1983年に日本興業銀行に入行し、1990年代以降は一貫してM&Aに関する業務に従事し、2001年にみずほ証券に移籍後も様々なセクションにてM&A業務を担当。2011年に同社執行役員、2014年に常務執行役員を歴任し、現在は㈱Thomas Nitzsche代表取締役として、主にM&Aに関するコンサルタントとして活躍している。また、2002年にデューク大学Fuqua School of BusinessにてMBAを取得、2011年早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程を修了し、博士(商学、早稲田大学)。

主な業績
単著(2012)『M&Aと会計情報に関する理論的、実証的研究』早稲田大学出版部
共著(2013)『会計情報のモデル分析-論文解題-』国元書房
共著(2016)『経営者による報告利利益管理:理論と実証』国元書房