ニュース

経営管理研究科マネジメントプログラムが2021年度から厚生労働省の「専門実践教育訓練給付金」の対象講座となります。

立命館大学大学院経営管研究科マネジメントプログラムが「専門実践教育訓練」指定講座に指定されました。2021年4月入学者から適用対象となります。
専門実践教育訓練給付制度とは、一定の条件を満たす雇用保険の被保険者(在職者)や離職者が、厚生労働大臣の指定する専門実践教育訓練を受講し修了した場合、教育訓練施設に支払った授業料等の一部を、本人に対して給付金として支給する制度です。
立命館大学大学院経営管理研究科は、今後、マネジメントプログラム院生が、こうした制度を活用し、ビジネスを創造する未来設計図を描き、自らの実践知を磨かれるよう教育活動に邁進していきます。


〈概 要〉

  1. 制度名
    専門実践教育訓練給付金

  2. 対象講座
    経営管理研究科マネジメントプログラム

  3. 対象者
    専門実践教育訓練の受講開始日に雇用保険の被保険者の方の内、支給要件期間が3年以上(初めて教育訓練給付金の支給を受けようとする方については支給要件期間が2年以上)ある方(在職者)、または雇用保険の被保険者であった方(離職者)

  4. 給付内容
    在学中(受講中)に教育訓練経費(授業料等)の50%がハローワークから支給されます。更に、修了後(資格取得等した場合は)、教育訓練経費(授業料等)の20%が追加支給されます(2年間で最大112万円※)。
    ※2020年度時点における制度上の最大上限金額です。

詳細は、以下のサイトをご覧ください。

■教育訓練給付制度(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/kyouiku.html

*ご確認のお願い
専門実践教育訓練給付金の受給には、一定の要件を満たす必要があります。受給資格の確認および手続きの詳細につきましては、以下のサイトをご覧ください。

ハローワークインターネットサービス
https://www.hellowork.mhlw.go.jp/insurance/insurance_education.html