menu

月1 REPORT Mar. 2016 BKCキャリアセンター副部長 伊津野 和行 就職活動が本格化。学業と就職活動の両立を。

学生生活最後1年間の
スケジュールを作る

3月の広報開始で就職活動が本格化する中、4月からはいよいよ大学生活最後の1年がスタートします。4回生は学業の集大成に取り組む1年。とりわけ、理系学生は4月から卒業研究が始まるので、就職活動と学業の両立は喫緊の課題になってきます。

就職活動の面接では学業の成果も問われます。「卒業研究では何に取り組んでいますか?」「学生時代はどんなことを学びましたか?」という質問を受けた時に、充分に答えられないような事態は避けるべきです。そのためにも、春の段階で就職活動と卒業研究を両立できるように、1年間を見通すスケジュールを作っておくと良いでしょう。

卒業研究は、他の講義科目のように毎週決まった曜日に行わなければいけない性質のものではありません。「いつまでに何をするか」と期限を設けて具体的な目標を立て、就職活動の予定を見ながらしっかりと進めてください。テーマについても、自分の興味関心があることを選ぶのはもちろんですが、「なぜ今の世の中でこの研究が必要なのか」という問題意識を持って取り組むことが大事だと思います。

学業と就職活動の両立は
マルチタスクの訓練になる

就職活動と学業の両立は、初めのうちこそ大変かもしれませんが、これもまた社会人になるための訓練だと思います。仕事をする中では、複数の仕事をマネジメントすることはごく当たり前のこと。マルチタスクでものごとを進める練習だと思えば、前向きに考えられるのではないでしょうか。

他にも、大学での研究活動と社会で働くことには共通点があると思います。たとえば、研究室やゼミで先生や先輩、同級生と力を合わせて一つの研究を進めることは、社会に出てからのチームワークに通ずるところがあります。課題が見つかった時に対処する力、あるいはコミュニケーション力も研究活動の中で磨かれます。また、卒業研究も仕事も、自己管理の元に進めていくという意味では共通する部分があります。大学でしていることを、社会人になった気持ちで見直してみることによって、面接などで自らの研究活動を語るときに説得力を持たせることもできるはずです。

困った時こそ、
「人を巻き込む力」が磨かれる

就職活動が本格化すると、面接の予定とゼミの時間が重なってしまうこともあります。そんな時は黙ってゼミを欠席するのではなく、必ず先生方に相談をしてください。もちろん先生も学生の就職活動を応援しているわけですから、学業に支障が出ないように協力してくださるはずです。研究室やゼミに顔を出せない時には、指導教員を訪ねるようにしてほしいですね。「今、自分はどんな状況なのか」を説明し、情報共有することもまた社会人として必要なスキルの一つ。特にチームで研究を進めている場合は、お互い自分の担当している仕事を他の人に頼むことも大切でしょう。

困ったことがある時に、相談をすることはとても大切です。キャリアセンターも先生方も、皆さんの就職活動を応援していることを忘れずに、一人で問題を抱え込まないようにしてください。もし教員に言いづらいことがあるなら、まずは気楽に相談できるキャリアセンターで話してみるのも良いと思います。学業と就職活動の折り合いのつけ方について、学部事務室と連携してサポートする体制をとることができます。人を巻き込む力を磨く機会だと思って、どんどん相談してください。

親から子へのアドバイスは
機が熟すのを待って

就職活動が本格化すれば、学生も志望企業を目指して必死になります。そうなってからでは、親の意見もなかなか耳に入らないかもしれません。しかし、3月は企業の広報活動がスタートした段階。親御さんは、子どもが希望している業界や職種をさりげなく聞き出しておいて、目指していることを理解しておくと良いでしょう。学生はつい有名企業に目を向けがちですが、親御さんは社会人として大先輩。「この業界ならこんな企業もあるよ」と視野を広げる意見が言えるはずです。志望業界・企業を絞り込んでいくプロセスを、上手に手助けすることもできるかもしれません。

親から子へのアドバイスは、とにかくタイミングが肝心だと思います。理想を言えば「啐啄同時(そったくどうじ)」。禅の言葉ですが、卵の殻を破ろうと雛が内側から突つくことを「啐」、親鳥が外側から殻をつつくのを「啄」と言い、親子の呼吸が合って初めて雛が誕生するさまを表します。なんといっても、子どものことを一番知っているのは親です。「うちの子は何をしているのかわからない」と言いながらも、どこかでわかっているのが親なのです。「あ、このタイミングだな」と察知したら、その時に話を聞いてあげてはと思います。

PHOTO

PHOTO

PHOTO

BACK NUMBER