沿革

  • 1931(昭和6)4月マルサ呉服店主南井竜太郎が自宅店舗を改造して「南井裁縫教室」を開く
  • 1946(昭和21)4月「守山高等裁縫女学校」と改称
  • 1951(昭和32)4月守山市に移管され、「守山町立守山高等裁縫女学校」となる
  • 1957(昭和32)4月旧小津・玉津・河西・中洲・速野各村の実務学校を統合して「守山高等裁縫女学校別科」を設置
  • 1958(昭和33)9月旧勝部小学校の跡地へ移転
  • 1959(昭和34)4月「守山町立守山女子高等学校」開校
  • 1968(昭和43)6月本館新築
  • 1970(昭和45)7月市制施行に伴い「守山市立守山女子高等学校」となる
  • 1973(昭和48)2月体育館新築
  • 1980(昭和55)4月第二グラウンド完成
  • 1983(昭和58)5月新館・作法館新築
  • 1988(昭和63)11月別館新築
  • 1989(平成元)11月憩いの広場完成
  • 1991(平成3)3月新グラウンド完成
  • 1999(平成11)9月多目的教室新築
  • 2006(平成18)3月移管式典(守山市から学校法人立命館に移管)
  •  4月立命館守山高等学校開校・文科省 スーパーサイエンスハイスクールに指定
  • 2007(平成19)3月立命館守山キャンパス完成
  •  4月立命館守山中学校開校
  • 2009(平成21)3月立命館守山高等学校1期生卒業
  • 2010(平成22)2月高校生国際みずフォーラム開催
  •  3月立命館守山中学校1期生卒業
  •  3月3号館増築
  •  6月アイリスグラウンド完成

創立当時の本館
創立当時の本館

1964年(昭和39年)再建された本館
1964年(昭和39年)
再建された本館

1970年(昭和45年)本館
1970年(昭和45年)本館

2005年 本館
2005年 本館

全景写真
全景写真

移管式典
移管式典

立命館守山キャンパス
立命館守山キャンパス

高校生国際みずフォーラム
高校生国際みずフォーラム

アイリスグラウンド
アイリスグラウンド