教員紹介

専任教員

古田 克利(ふるた かつとし) 准教授

取得学位
博士(技術・革新的経営、同志社大学)
担当課程
博士課程前期課程、博士課程後期課程
研究分野
経営管理論、人的資源管理論、組織行動論、産業・組織心理学、
カウンセリング心理学
研究テーマ
「組織で働くプロフェッショナルの働きがいの研究」
「科学技術者のキャリア発達の促進と停滞」
「人と組織に着目したグローバル企業によるイノベーション創出の国際比較研究」
「理系女性研究者の出産・育児と多様なキャリアの形成に関する縦断研究」
「第三段階教育における往還的コンピテンシー形成と学位・資格枠組みの研究」等

経歴

1997年和歌山大学卒業後、富士通株式会社に入社。その後、株式会社松下情報システムテクノロジー(現 パナソニックシステムデザイン株式会社)にて、システムエンジニア、経営企画課長、人事課長。2011年より関西外国語大学特任講師、2016年 同専任講師、2018年 同准教授。2020年より立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科准教授、同副研究科長。経営行動科学学会 理事、日本産業カウンセリング学会 理事・編集委員長、日本インターンシップ学会 理事、同志社大学STEM人材研究センター研究員を兼任。

著書、論文など

  • 『キャリアデザイン入門』ナカニシヤ出版 2019年
  • 『IT技術者の能力限界の研究—ケイパビリティ・ビリーフの観点から』日本評論社 2017年
  • 『働く人のキャリアの停滞』創成社 共著 2016年

所属学会

日本労務学会、経営行動科学学会、産業・組織心理学会、日本キャリア教育学会、日本産業カウンセリング学会、日本キャリアデザイン学会、日本インターンシップ学会

受賞学術賞

  • 日本労務学会学術賞(2017年)
  • 日本産業カウンセリング学会 大会優秀賞(2015年)
  • 経営行動科学学会 大会優秀賞(2010年)