ACTIVITY 中1 近代美術館連携授業「美術館から博士がやってくる」を実施

  • Home
  • 活動報告
  • 中1 近代美術館連携授業「美術館から博士がやってくる」を実施

中学

ICT

中1 近代美術館連携授業「美術館から博士がやってくる」を実施

2019.02.18

 滋賀県立近代美術館連携授業「美術館から博士がやってくる」を中学1年生の美術の授業で実施しました。
 2月12・13日の美術の授業に、滋賀県立近代美術館の学芸員をお招きし、美術館のアート作品鑑賞プログラム「ちがうなかまをさがせ」「見つけてみよう似ているところ」を本校ICTを活用して実施しました。
 この授業は、対話型鑑賞により、生徒が作品を観た時の感想やそこからの想像されることなどを基にして、グループで話し合いをしながら、その対話を通じて鑑賞を行うことで主体的・対話的に行動する力を身につけることを目的としています。
 生徒たちは、作品をiPadにそれぞれ映し出し、拡大したり比べたりしながら、積極的に自分の意見を発表しました。