ACTIVITY 中⾼吹奏楽部 第13回定期演奏会を開催いたしました

  • Home
  • 活動報告
  • 中⾼吹奏楽部 第13回定期演奏会を開催いたしました

Club

中⾼吹奏楽部 第13回定期演奏会を開催いたしました

2021.04.01

 3⽉25⽇(⽊)守⼭市⺠ホールにて、⽴命館守⼭中学校・⾼等学校吹奏楽部第13回定期演奏会を開催いたしました。
 今年度は感染症対策を考慮し、チケット制での⼊場とさせていただきました。昼の部、夜の部合わせておよそ1100⼈のお客様にご来場いただき、盛会のうちに終えることができました。
今回のテーマは「愛」。今年はコロナ禍で休校や部活動の活動制限の中、たくさんの⼈からの愛情を感じる機会が多く、受けた愛情を今度は私たちが感謝の気持ちを込めて恩返ししたい、お客様を愛で惹きつける、これからも愛される部活であって欲しいという願いを込めて、部員の「愛」を精⼀杯表現しました。

【Ⅰ部 Opening Stage 】
今年はOpening にふさわしく誰にでも楽しめるRMBオリジナルメロディからの幕開けとなりました。演奏隊、ダンス隊に分かれ、明るく楽しいステージで、合間に出てくるミッキーマウスの光るフラフープや暗闇にクルクル回るポイの演出はワクワク感を呼び、華やかな舞台を引き⽴てました。

【Ⅱ部 Symphonic Stage 】
はじめは中学⽣による喜歌劇「微笑みの国」セレクションと「ガイーヌ」より収穫祭、⼦守歌の2曲。堂々としたホルンやオーボエのソロもあり、この⼀年本番のステージが少なかったとは思えないほどの⾼い集中⼒で、最後までお客様を魅了する演奏となりました。
次に⾼校⽣による演奏「オペラ座の怪⼈」は、いろいろな楽器のソロが奏でる⾳⾊が様々な表情を⾒せ、まるで映画を⾒ているかのような臨場感を⽣みだしました。重厚感を感じる6つの曲のメドレーはとても迫⼒あるサウンドとなりました。
 最後に中・⾼総勢 110名でお送りしましたジブリ映画「もののけ姫セレクション」。
 「生きる」という強いメッセージが込められた名作。「アシタカせっ記」「タタリ神」「アシタカとサン」の3曲を中学⽣と⾼校⽣の合同の演奏でお届けしました。

【Ⅲ部 Performance Stage 】
毎年「進化」し続ける部員が演出するオリジナルステージ。
スモークからV字に並んだ部員が登場する「インクレディブル」から始まり、カラーガード隊による迫⼒あるパフォーマンスの「紅蓮の⼸⽮」、中学⽣のノリノリのダンス「ヤングマン」、⾼校⽣の可愛いダンス「新宝島」、学ランとセーラー服のダンス隊「男の勲章」、そして新たにRMB選抜のガールズグループによる「Make you happy」では弾ける笑顔に観客席もにっこり、今回が初となるツインドラムからの「Runaway baby」でのパフォーマンスは度肝を抜く迫⼒。ノンストップで続くステージに息つく暇もない曲の数々。最後に近づくにつれ、懐かしの曲「勝⼿にシンドバッド」や「星に願いを」なども流れ、どの曲も皆様からの拍⼿やケミカルライトが部員の⼒となり迫⼒のステージとなりました。
 全員がマスクを着⽤しての合唱「道」。卒部いたします3年⽣の思いが歌詞と重なり、涙が頬をつたいました。
 夜の部では、中学・⾼校の卒部式が⾏われ、皆様からの温かい拍⼿により卒部⽣の⾨出となりました。

 定期演奏会に際し、ご協力いただきました関係者の皆様、広告でお世話になりました企業の皆様、ご寄付をいただきました皆様、ご指導いただきましたレッスンの先生方、多方面よりサポートいただきましたOB・OG、保護者の皆様ありがとうございました。
そしてご来場いただきました皆様には、今回の演奏会を安⼼して楽しんでいただくために部員から皆様にお願いをしましたことに関し、その思いを⼗⼆分に汲んでいただき安全に演奏会が終了できましたこと、⼼より御礼申し上げます。
 第14回定期演奏会は2022年3月26日(土)守山市民ホールでの開催を予定しております。
 皆様に「良い音楽を」お届けできるようこれからも精進してまいります。今後とも応援よろしくお願いいたします。