英語・国際教育

世界を体験し、国境を越えて活躍する力を磨く。
[海外研修]
異文化にふれ、英語の実践力を養うテーマ別研修
異文化を肌で感じるとともに実践的な英語力を培い、国際社会で求められるさまざまな力を養うため、高校では全員が海外研修を体験します。アメリカ、カナダ、タイなど6つのコースから生徒自身が選択。現地ではさまざまなテーマで調査や研修に挑戦します。
  • アメリカ・シアトルコース

    Microsoftビジターセンター・ボーイング工場見学や海外企業でのインターンシップを経験します。企業から与えられた課題を調査し、最後にはプレゼンテーションを行います。

  • アメリカ・ボストンコース

    世界のイノベーションの総本山ともいえるマサチューセッツ工科大学(MIT)と提携し、「日本というアイデンティティに立脚しながら、世界を変革すべく思考・行動できる人物=グローバル・リーダー」 への第一歩を踏み出します。

  • アメリカ・フロリダコース

    テニスの錦織圭選手が在籍したことで注目を集めているIMGスポーツアカデミー(フロリダ州ブラデントン)で実施されるスポーツキャンプに参加します。

  • カナダ・アボッツフォードコース

    緑に囲まれた小都市アボッツフォードで、英語研修とフィールドワークを行います。現地校Summit Pacific Collegeを拠点に、「大自然」「文化・民族」「ライフスタイル」の3つの研究テーマに分かれて課題に挑戦。ヘリテージビレッジ、サーモン孵化施設、老人保健施設、キャピラノ渓谷、グラウス・マウンテンなど豊富な研修資源を活用しての研修の後、プレゼンテーション大会を実施します。

  • アメリカ・シカゴコース

    海外企業でのインターンシップを経験します。企業から与えられた課題を調査し、最後にはプレゼンテーションを行います。またシカゴトリビューン新聞社や証券取引所、劇場や美術館など名だたる企業・施設での研修、シカゴ大学訪問、ニュートリア高校での交流、シカゴ最古の社交クラブ・シカゴユニオンリーグクラブでの食事も盛り込まれています。
    ※受け入れ先企業
    LIONS CLUBS INTERNATIONAL(ライオンズクラブ国際本部)、McDonald’s Corporation(マクドナルド世界本部)、TOMY International(トミー社北米拠点)、Lettuce Entertain You Shaw’s Crab House(シーフードレストラン)、TECHNOLOGY INNOVATION CENTER(起業家集積センター)

  • オーストラリア・タスマニアコース

    世界でも屈指の美しい水と空気を誇るタスマニア島を舞台に、語学研修と、環境をテーマとしたワークショップ(調査・研究・発表)を体験します。現地校Hobart Collegeで、タスマニア州教育省が企画したプログラムを体験する他、環境科学クラスの生徒たちとの意見交流も行います。フィールドワークでは、森林環境、水環境のテーマごとにタスマニア森林ツアー研修とマリンディスカバリーセンター研修に参加します。

  • ベトナムコース(FSCのみ)

    ベトナムのフエ・ホイアン・ホーチミンの3都市で、貧困・戦禍に苦しむ人々に対する医療・福祉について学びます。現地の孤児院を訪問する他、枯葉剤の影響で結合児として産まれたグエン・ドク氏と交流する機会もあります。またベトナム屈指の名門校コックホック高校で、現地の高校生と理科・数学の共同学習を実施します。その他、現地に進出する日本企業(Panasonic AVC Vietnam)も訪問します。

  • タイ・バンコクコース

    国際NGO組織「ハビタット・フォー・ヒューマニティ」と連携し、海外住居建築ボランティアプログラムに参加します。地元住民とともに汗を流し、知恵を絞り、一軒の家の建築に挑戦。活動を通して貧困が家族や地域に及ぼす影響について学ぶとともに、現地の言語や文化にふれ、人としての器を広げます。
    ※インターナショナルスクール以外では、立命館守山がこのプログラムへの初めての派遣校です。

先進的な英語の授業
立命館守山では、授業中の発言をすべて英語で行うなど、徹底して英語を使う授業を展開し、「読む」「書く」「聞く」「話す」力を鍛えます。また英語の文献を調べて英語でポスターにまとめ、英語で発表するなど、表現力やコミュニケーション力も磨きます。3年次には全員がTOEFL®講座を受講。多様な学びで英語力を高度に高めます。
充実の留学制度
国際社会が求める資質と能力の獲得を目指し、短期から一年間までの多彩な国際交流プログラム(留学制度)を用意しています。海外の高校を訪問してプレゼンテーションを行うプログラムや、現地の生徒と協力してプロジェクトを創りあげるプログラム、提携校の生徒との研究活動など多彩な短期交流活動の他、休学することなく1年間を海外の学校で学習する長期留学も可能です。


PageTopへ