校長挨拶

これからの世界をつくっていく君たちへ。

立命館守山中学校・高等学校の門をたたく君たちが羽ばたこうとしている未来には、大きな世界が広がっています。だからこそあらゆる時代、あらゆる場所で糧となり、生涯にわたって役に立つ本物の「知的実力」を育んでほしい。

立命館守山は、中学校から高等学校、立命館大学・大学院へと続く一貫教育の中でそれを豊かに育てます。高い学力と豊かな人間性を育む「文理融合教育」、論理的思考力や科学的発想力を磨く「理数・科学教育」、グローバル時代に活躍できる先進的「英語教育」や高度な「国際化教育」、地域に学び、社会の中で生かさせてもらっていることを知る「体験型教育」、そんなここにしかない学びを通じて、一人ひとりの能力や個性を大きく伸ばすことができます。

「立命館」の名前の由来となっている「立命」とは、「一生涯勉強に努める」ことの大切さを意味しています。学びは中学・高校だけで終わりません。夢に向かってこれからも成長を遂げていく。そんな君たちのスタート地点が、ここ立命館守山中学校・高等学校です。

立命館守山中学校・高等学校 校長
寺田 佳司


PageTopへ