沿革

立命館守山高等学校の前身である守山市立守山女子高等学校は、1959年守山町立守山女子高等学校(被服科)として設立されました。1970年市制施行に伴い守山市立守山女子高等学校となった後、1982年に商業科、1988年に英語科が設置されました。1999年には商業科が情報ビジネス学科、被服科が生活総合科に改編されました。

2006年4月より学校設置者が守山市から学校法人立命館に移管され、立命館学園の4番目の附属高校となる立命館守山高等学校(男女共学・普通科設置)として新たにスタートしました。

2007年4月に守山市三宅町の新キャンパスに移転し、新たに立命館守山中学校(男女共学)を開校しました。

立命館、守山女子高校の沿革

立命館の歴史 守山女子高等学校の歴史
1869年 西園寺公望(学祖)私塾「立命館」を創始
1900年 中川小十郎「私立京都法政学校」を創立
1905年 西園寺公望より「立命館」の名称継承の許諾を受ける
「私立清和普通学校」を創立
1913年 「財団法人立命館」設立
1931年 呉服店主 南井龍太郎、私塾南井裁縫教室設立
1932年 湖南裁縫女学校に改称
1933年 京大事件(滝川事件)で辞職の教授・助教授ら17名を招聘
1943年 守山工芸学校に改称
1945年 末川博が学長に就任
1946年 守山高等裁縫女学校に改称
1951年 「財団法人立命館」より「学校法人立命館」へ組織変更 1951年 守山町への経営移管により守山町立守山高等裁縫学校が誕生
1952年 中等教育機関を立命館高等学校、立命館中学校に統合
1958年 旧勝部小学校跡地に移転
1959年 守山町立守山女子高等学校開校(被服科設置)
1970年 市制施行に伴い守山市立守山女子高等学校となる
1982年 商業科を設置
1983年 被服科、和裁・洋裁・デザインの3コース制を採用
1986年 被服科、和裁・洋裁・生活経営の3コース制となる
1988年 立命館中学校・高等学校 男女共学化、北大路学舎から深草学舎へ拡充・移転 1988年 英語科を設置
1994年 びわこ・くさつキャンパス開学、理工学部拡充移転
宇治学園との法人合併により立命館宇治高等学校を設置
1995年 慶祥学園との法人合併により立命館慶祥高等学校を設置
1999年 商業科を情報ビジネス科に、被服科を生活総合科に改編
2000年 立命館アジア太平洋大学開学
立命館慶祥中学校開校
2003年 立命館宇治中学校開校
2006年 滋賀県守山市からの学校設置者移管により立命館守山高等学校を開校 2006年 設置者移管により立命館守山高等学校として再出発
立命館小学校開校
朱雀キャンパス開設(学園本部・専門職大学院)
2007年 立命館守山キャンパス開設
立命館守山中学校を開校
2014年 立命館中学校・高等学校深草キャンパスが長岡京へ移転
2015年 大阪いばらきキャンパス 開設


PageTopへ