本学留学生たちとその他外国籍住民、本学教職員、地域団体の方々

外国籍住民も地域の伝統行事の重要な担い手に

様々な国籍の力士(担ぎ手)たち
様々な国籍の力士(担ぎ手)たち
疲れたら交代して担ぎます
疲れたら交代して担ぎます

 5月3日(水・祝)に爽やかな気候の中、びわこ・くさつキャンパス近隣自治会の野路町内会において、毎年恒例の「新宮神社例祭」が執り行われました。ここ数年は、御神輿の担ぎ手として本学留学生を中心とした外国籍住民も参加し、祭りを盛り上げています。
 今年度は担ぎ手の最少催行人員45名のうち、実に1/4以上にあたる17名が外国籍の参加者で、更にそのうちの12名がタイ・中国・ベトナム・インドネシア・ウズベキスタン出身の本学留学生や教員という国際色豊かな構成になりました。

国際交流から多文化共生のまちづくりへ

地域の方と交流のひとコマ
地域の方と交流のひとコマ
野路の皆さんと一緒に汗を流しました
野路の皆さんと一緒に汗を流しました

 新宮神社は、本殿が重要文化財に指定され、水門は膳所城の二の丸水門を移築した歴史と由緒ある神社であり、野路の守り神と言われているとのことです。
 初めて参加したインドネシアやウズベキスタンの留学生は神輿の重さに驚きながらも、他の参加者との交流を楽しむ様子が見られました。その他にも毎年参加しているタイや中国からの留学生も多く、本学学生が地域の伝統行事を担う一員となって、野路の皆さんにも喜んでいただいている様子が伺えました。
 このような地域イベントに留学生をはじめとする外国籍住民が積極的に参加し、住民の方々と交流することによって、多文化共生のまちづくり推進に繋がると実感した一日となりました。

NEXT

2017.05.16 TOPICS

【+Rな人】これからも続く、烏鷺の争い 西岡正織さん(産業社会学部2回生)/平野翔大さん(産業社会学部2回生)

ページトップへ