11月18日、19日と二日にわたり第16回大学対抗交渉コンペティションが開催されました。大会直前までは課題が山積みで不安も大きい中、チームメンバーそれぞれが解決に向かって最後まで諦めずに取り組み、最終的には歴代最高位の6位という順位を勝ち取ることができました。
 このサークルでは、社会に出てから必ず役に立つコミュニケーションスキルや論理的思考能力を、実務的な仲裁・交渉を通して身に付ける事ができますが、それだけでなくもっと根本的なチームワークや組織のあり方についてもたくさん学ぶことができ、価値があることは必至です。これからもチーム立命館は、海外チームにも負けない全国を驚かせるような成績を残し続けられるように努力していきます。

 大学対抗交渉コンペティション(The Intercollegiate Negotiation Competition)は、交渉に対する社会の関心を深め、学生に交渉を学ぶインセンティブを高めるために、大学を越えた交渉と仲裁の他流試合の場として2002年に設立され、2017年は第16回目の大会となります。

NEXT

2018.01.09 TOPICS

デジタルアーカイブ
日本の芸術・文化を残し、活かす

ページトップへ