文字サイズ

01

多様な出会いのある
総合大学としての魅力

Diversity on Campus

3万人を超える学生が学ぶ総合大学

立命館大学は、3キャンパス、14学部からなる総合大学。3万人を超える学生、400を超えるクラブ・サークル活動があり、多様な出会いの場があります。薬学部のある広大なびわこ・くさつキャンパス(BKCキャンパス)は、1万3千名を越える学生を抱え、主体的な学びを支える快適な学習環境、多様な情報環境を備えた学習空間を提供しています。

幅広く学べる教養教育

総合大学だからこそできる全学共通の教養教育の選択肢の広さも特徴のひとつです。専門領域外の知識は、幅広い教養と確かな世界観、価値観をつくります。これが「立命館スタンダード」。研究面では、文系、社会系、理系の垣根を越えた取り組みが、異分野融合の独創的な成果を生み出す土壌になっています。

学生のアクティブな活動を支える環境

教育関連施設のほか、スポーツを楽しめるグランドやプールがあり、学生のさまざまな課外活動、心身ともに健康な学生生活を支える環境が整っています。また、学生の活動をバックアップする多様な奨励奨学金制度があり、正課や課外での主体的な活動を通した学びを推奨しています。

02

学年や経験の違いを超えた
学生同士の学びあい

Peer Learning

ピア・ラーニング、ピア・サポート

立命館大学には正課・課外に関わらず学生同士が学び合う「ピア・ラーニング」「ピア・サポート」という伝統的な取り組みがあります。
6年制の薬学部薬学科では、ピア・サポートの一環として5・6回生が1・2回生などの授業の指導・援助を行うPh.A(ファーマアシスタント)という制度を導入しています。
薬学部は1学年160人前後と少数のため、学年の壁を超え学生同士の距離が近いのが特徴です。そうしたつながりの深さを生かし、薬学科では2015年度から1回生が学ぶ『薬学基礎演習』に6回生がPh.Aとして講師役を務める実務体験を導入しています。

病院や薬局での実務実習を終え成長したPh.A(6回生)の指導を受けながら、実際に散薬や水薬を調合する実技を体験し、6年後の自らを思い描いてもらうことが大きな目的となります。

またコミュニケーション力の向上、伝え方の工夫など教える立場の6回生にとっても大きなメリットとなっています。学年や経験の違いを超えて学生が互いに切磋琢磨しながら成長するしくみがあります。

03

医療人として重視される
コミュニケーション力の醸成

Communication Skills for Medical Professionals

コミュニケーション演習

将来の薬剤師を目指す学生には、医療人として患者との間で、またチーム医療を行うメンバーとの間で良好な信頼関係を築くために、高いコミュニケーション能力が求められます。薬学科1回生配当科目「コミュニケーション演習」は、その第一歩、入門篇として基本的な対人コミュニケーションについての知識の習得と、技能、実践力の獲得を目指すものです。

演習では、適切な聴き方、質問を通じて相手の考えや感情を理解するように努めることや、適切な手段により自分の考えや感情を相手に伝えることができるようになることを目指します。少人数でのグループワークやロールプレイ、ディスカッションや意見発表を通じて、「聴き手に求められること」・「受容的に聴くこと」・「相手の立場になって情報を伝えること」・「的確な指示を行うこと」・「相手の気持ちに立って話をすること」を実践的に学びます。

また、アサーショントレーニングやアンガーマネージメント(怒りの対処法)トレーニングも行います。全15回の演習の後半では、薬局での患者対応を想定したDVD視聴や態度の評価、学生間や模擬患者を交えたロールプレイを実施し、医療におけるコミュニケーションについての認識を深めます。

04

社会において拡大する
薬剤師の実務を体験

Role of Pharmacists

薬学科応用演習

薬学科2回生配当科目「薬学応用演習」では、「災害派遣演習」・「不自由体験(車椅子、視覚障害)」・「福祉施設訪問」・「薬害患者との対談」・「人体の解剖実習」などを通じて、将来医療現場で活躍するものとして、社会における医療や福祉について、理解を深めることを目的としています。
不自由体験の車椅子では、車椅子の操作、エレベーターの乗り降り、補助者による階段の上り下りを体験します。視覚障害体験では、アイマスクをして白杖による歩行、階段の上り下り、また点字の読み書きがどのようなものかを体験します。薬学部では低回生時から、実社会に根ざした薬剤師としての視野を学ぶ環境があります。

05

グローバル社会で活躍できる英語力、情報発信力を育む英語教育を展開

English Education

立命館大学は、文部科学省「スーパーグローバル大学創生支援」事業に採択されており、海外の大学との多様な連携と国際水準の教育と研究を展開しています。薬学部では、グローバル社会で活躍できる英語力、情報発信力を育む英語教育に力を入れ、専門領域に特化した海外留学プログラムを実施しています。

プロジェクト発信型英語プログラム

最も国際化が進んでいると言われるライフサイエンス分野では、グローバル規模のプロジェクトが展開され、世界中から集まるライフサイエンスの専門家が、情報や意見を交換し、その成果を国際会議で口頭発表し、論文や報告書として発信しています。
本学の英語教育プログラムは、生命科学・薬学の先端的研究をプロジェクトテーマとし、世界中から情報を集め、議論し、その成果を英語で発信する能力の基礎を養成します。
低回生の英語教育は、薬学部と生命科学部の合同のクラス編成で行われており、「プロジェクト」(科目名「英語P 1〜4」「英語JP 1・2」)と、「スキルワークショップ」(科目名「英語S 1〜4」)の二つの柱で構成しています。

「プロジェクト」では、学生が各自のテーマを設定し、自らの考えを探究し、成果を発信します。1・2回生では、日常生活、課外活動、授業などから関心のあるテーマを選び、プロジェクトを行います。3回生では、専門分野からテーマを選び、よりアカデミックなプロジェクトを行います。この授業は能力別クラス編成ではありません。
「スキルワークショップ」では、英語の聞き、話し、読み、書きの4スキルを使えるものにします。ここで磨かれたスキルは、「プロジェクト」での情報交換、意見交換、プレゼンテーション、アカデミックライティングに生かされます。この授業は能力別クラス編成で行います。

また、将来、国際的なプロジェクトに参加するためには、デジタル・メディアの活用が不可欠です。「プロジェクト」「スキルワークショップ」を含め、授業に関する全活動はWebコースツール等を活用しオンライン化されています。 このような英語プログラムにより、卒業回生では、具体的な成果として、①卒業研究の一環として卒業論文の要旨を英語でまとめ、口頭発表できること、②TOEIC600点を超えることを目指しています。

「サイエンス&テクノロジー」プログラム

「サイエンス&テクノロジー」プログラムは、生命科学部・薬学部・スポーツ健康科学部・総合心理学部が合同で実施する、低回生向けの海外留学プログラムです。語学力のアップはもちろん、最先端のサイエンスやテクノロジーの分野を英語で学ぶことを目的としています。現地での授業はグループワークやプレゼンテーションが中心に行われ、発音やプレゼンテーションスキルの向上が期待できます。また、週一回、大学内の実験・研究施設や現地企業の訪問を行い、最先端の研究に触れることのできる充実したプログラムです。授業外では、デービス校の学生との交流イベントも予定されており、楽しみながら、学んだ英語を実践することが出来ます。

アメリカ合衆国カリフォルニア大学デービス校について

カリフォルニア州の北に位置し、サンフランシスコやサクラメント、ヨセミテにも近く、治安の良い地域です。また、農業学校として創立され、現在では農業、農場経営、生命科学、植物学などの分野でトップレベルを誇る大学です。カリフォルニア大学群の中でも最大の広さを誇り、その広大なキャンパスにはおよそ3万3,000人以上の学部生および大学院生が通っています。

「薬学海外フィールドスタディ」プログラム

「薬学海外フィールドスタディ」は、薬剤師を目指す薬学科5回生向けの海外留学プログラムです。5年次の病院・薬局実務実習後に開講されるこのプログラムは、カナダの薬剤師制度・薬剤師業務を学ぶことを通じて、病院薬剤師をはじめ、薬局や企業で活躍していく薬学科の学生に国際的な視野と豊かな価値観を身に付けてもらうことを目的としています。
現地では、最先端の小児医療を提供するカナダのトロント小児病院で、カンファレンスへ参加や患者さんと直接触れ合う機会を通じて、チーム医療の一員としての薬剤師の業務を体験することができます。また、トロント大学薬学部の講義や、トロント大学薬学部生との交流の時間も設けています。

トロント小児病院(SickKids)&トロント大学について

トロント小児病院(SickKids)はトロント大学の関連病院であり、子供の健康増進に関わる分野においては、カナダ最大の研究基幹病院です。あらゆる医療分野や研究分野のスタッフによる世界最高峰の小児医療を提供するのみならず、世界各地から多くの医療従事者、研究者の留学や薬剤師の研修を受け入れています。
SickKids international:http://www.sickkidsinternational.ca/

トロント大学は、1827年に創立されたカナダの名門大学で、およそ8万5000人の学部生および大学院生が学んでいます。トロント大学薬学部は、インスリンの発見を行い、ノーベル生理学賞・医学賞を受賞したフレデリック・バンティングの輩出で有名です。 University of Toronto: https://www.utoronto.ca/