教員紹介

Rie TAKAMATSU

髙松 里江

髙松 里江
所属学部
総合心理学部
職位
准教授
専門
ジェンダーとキャリア
主な担当科目
「ジェンダー心理学」、「キャリア形成論」
おすすめの書籍
企業のなかの男と女―女性が増えれば職場が変わるR.M.カンター (著) 高井 葉子 (訳) 生産性出版

現在の研究テーマ(または専門分野)について教えてください。

ジェンダーとキャリアの研究をしています。

日本の企業では女性の仕事ぶりが十分に評価されず、女性が働きにくいという話を耳にしたことがあるかもしれません。

私は、雇用制度や働く人々の意識に注目し、男女でどのように働き方が違い、どのような問題があるのかを明らかにする研究しています。

どんな学生時代を送っていましたか。

大学では労働経済学のゼミに所属して、雇用や社会保障の勉強をしていました。あとは大学が京都にあったので、鴨川を散歩したり、喫茶店で本を読んだり、ベタな京都生活を送ったように思います。

現在の専門分野を志した理由・きっかけを教えてください。

私はジェンダーとキャリアについて、統計的手法を用いて研究しています。大学では社会学の授業にも出ていて、そのとき計量社会学の先生の授業を受けておもしろいと思ったことがきっかけです。当時は統計ソフトウェアの入っている大学のパソコンが少なく、書籍も今ほど充実していなかったため試行錯誤の連続でしたが、人々の働き方や意識のあり方を統計的に把握することに大きな魅力を感じました。

高校生へメッセージをお願いします。

大学では、
自分が知らなかった世界に
出会う機会が広がっています。

アルバイトやサークル活動でも
もちろん色々なことを
経験できるでしょう。

けれども、
大学で学ぶということは
自分の経験を超えて
新たな世界に出会う
絶好の機会です。

学ぶことを大切にして、
充実した大学生活を
送ってください。

「よく学び よく遊べ」 髙松 里江

「よく学び よく遊べ」 髙松 里江

経歴・業績について