Get Started/はじめに -学生-

大学の教育・研究活動において、情報環境(ITサービス)は必要不可欠な基盤となりました。
情報環境の利用にあたって、「まずすべきこと(設定など)」、「ルール」、「情報セキュリティ対策」、「各サービスの利用方法」を必ず確認してください。

目次




大学の提供するものに限らず、情報環境(ITサービス)の利用には、情報セキュリティ対策が必要です。
防犯対策・交通安全対策・感染症対策などと同様に、情報漏えいや身代金要求、詐欺などの様々な情報事故から自分を守るために、「インターネットサービス利用ガイドライン[JP / EN]」を必ず読んでください。

1.情報環境(ITサービス)を利用する前に

RAINBOWユーザーIDの初期設定をする

通知書を受け取ったら、記載の氏名・学生証番号に誤りがないか確認し、必ず以下を設定してください。

(1)初期パスワードを変更する

(2)多要素認証の初期設定をおこなう

IDとパスワードの情報セキュリティ対策

近年、IDとパスワードを窃取されるケースが多発し、情報や金銭が奪われる、本人になりすました攻撃者が第三者に危害を加えるといった情報セキュリティ事故が発生しています。
そのような事態を招かないように、RAINBOWユーザーID・パスワードは利用者自身が責任をもって使用・管理し、取り扱いには十分注意してください。

規則・モラルを守る

インターネットは社会基盤としての地位を確立し、情報検索やショッピング、SNSなど日常生活に浸透してきました。
こうした情報ネットワーク上の活動も現実社会の一部であり、社会で生きる以上、法律や学内の規程・ガイドラインやモラルを守らなければなりません。

(1)ルールやモラルについて考える

  • ルールやモラルについてまとめた以下を読んでください。
  • 「未来を拓く 第3章 社会をつくる」(立命館大学 教学部・学生部)
  • ・ルールと付き合い、モラルを創る
  • ・多様性・包含性・参画─違いを受け入れて生きる
  • ・情報ネットワーク社会でのわたしたち

(2)法律を守る

(3)情報環境の利用に関する規程・ガイドラインを守る

(4)情報倫理に関する規程・ガイドラインを守る


情報セキュリティ対策を実践する

インターネットが日常生活に浸透したことにともない、情報セキュリティ事故(情報漏えい、詐欺、身代金要求など)が多発しています。
犯罪や交通事故などの対策を取るのと同じように、利用者自らが自身の安全を守るために情報セキュリティ対策に真剣に取り組んでください。

(1)情報セキュリティ対策を実践する

(2)情報セキュリティ事故の対応方法を知る

  • 交通事故と同様に情報セキュリティ事故の発生を完全に防ぐことはできません。
    もしものときにどのような行動を取るべきかを事前に把握してください。
  • 情報事故の種類別の対応事例

(3)情報セキュリティ事故を報告する

  • 情報セキュリティ事故は被害拡大防止のための迅速な対応が大変重要です。
    事故発生時は早急に連絡してください。
  • 立命館CSIRT 情報セキュリティ事故緊急連絡受付窓口(PoC)
  • ※情報事故は誰にでも起こりうる状況にあり、事故の報告をおこなうことで個人が責任を問われることはありません。

2.情報環境の利用


授業受講の準備をする

(1)Web授業受講の準備をする

立命館大学のメールを利用する

(1)メール(Microsoft365)の初期設定をする

メールの情報セキュリティ対策

メールは、最も情報事故に気を付ける情報環境の1つです。
「ID・パスワードを窃取され、不正アクセスされて情報漏えい」や「PC等をマルウェア感染させ、システム破壊、情報漏えい」といった情報セキュリティ事故は、そのほとんどがメールやWebの利用をきっかけに発生しています。
「利用者一人ひとりが日常的に不審なメール・Webサイトを見分ける」ことが求められます。

学内のネットワークを利用する

(1)学内でパソコンやスマートフォンを無線LAN(Wi-Fi)に接続する

Office アプリやオンラインストレージを利用する

(1)Office アプリを自身のパソコンやスマートフォンにインストールする

(2)オンラインストレージを利用する

ファイル共有の情報セキュリティ対策

ファイルの共有時には、「誰がその情報にアクセスしてよいか」を意識して、情報の流出に気を付けましょう。
インターネットに一度流出した情報は、完全に削除することができず、取り返しのつかない事態に陥ります。

その他のサービスを利用する

(1)その他のサービスを利用する

  • ここまで説明した以外にも様々な情報環境(ITサービス)がありますので、日々の教育・研究活動に役立ててください。
  • サービスの一覧

3.卒業が決まったら

卒業に向けてサービスを整理する

立命館大学のRAINBOWユーザーIDや情報環境を利用できるのは、立命館大学に籍がある間です。
卒業等で大学の籍が無くなる場合、メールなどのデータ退避や利用登録情報の整理をしてください。

立命館大学卒業後、期間を開けずに立命館大学大学院に進学する学生は、IDは継続して利用できるため以下は不要です。

(1)データを退避する

(2)管理者を変更する

  • メーリングリストの管理者になっている場合、変更登録をしてください。
  • メーリングリスト管理者変更申請
  • 上記ページ内の申請一覧より「メーリングリスト管理者変更申請」を確認してください
立命館のITサービス(情報環境)利用前に、必須事項(社会・大学のルールを守ることや情報セキュリティ対策の実践)をまとめた「GetStarted / はじめに」を必ず確認してください
今すぐ読む 後で読む
×