クラウドサービス利用ガイドライン

目的と対象

近年、クラウドサービスの急速な普及に伴い、学園においてもクラウドサービスを利用して、学内ユーザ向けの情報サービスを提供するケースが増えています。一方、クラウドサービスの利用の手軽さから情報漏えい等のリスク管理が不十分なケースが見受けられます。よって、本ガイドラインはクラウドサービス利用における「セキュリティ対策」と「リスク管理」の強化を目的とし、サービスを提供する運用主管部門でのシステム運用管理を適切に行うために制定しました。

※クラウドサービス利用とは学外で管理されているサーバに情報を格納して行うサービスを運用すること

なお、本ガイドラインは、下図のように大学・学校・学部・学科・専攻・コース・研究機構(センター)・研究科・部課が運用主管となり、クラウドサービスを利用してmanaba+RやOffice365の他、広報Webサイト、Webアンケート、Web申請受付といった情報システム(情報サービス)を学内ユーザ及びその関係者に提供することを対象としています。そのため、クラス・授業・ゼミ・研究室・教員個人といった個別ないしは小規模なクラウドサービスの利用は対象外としています。

本ガイドラインの対象範囲

手続き

本ガイドラインでは、利用開始時・年度更新時・利用終了時に、情報基盤整備委員会に申請書を提出することを求めています。クラウドサービスを利用開始する際には、クラウドサービス利用ガイドラインを確認の上、クラウドサービス利用開始申請書と運用主管向けチェック項目リスト、クラウドサービス事業者向けチェック項目リストを提出してください。

ガイドライン

                            
ガイドライン 備考
クラウドサービス利用ガイドライン 2018年11月6日改訂(第5版)

申請書

チェック済クラウドサービス事業者

社名
サービス サービス内容
株式会社パイプドビッツ SPIRAL 一斉メール送信、申込受付サービス、Webアンケートなど

問合せ先

情報基盤整備委員会事務局(情報基盤課)
外線番号:075-465-8226
内線番号:511-6625
メールアドレス:
cloud-gl[at]st.ritsumei.ac.jp
[at] @に置き換えてください