基盤整備・利用実績レポート

アニュアルレポート


近年、スマートフォンの普及により、私たちは、日常生活の様々な局面において技術を意識することなくICTを活用したサービスを使用しており、ICT技術は生活に無くてはならないものとなっている。教育分野においては、文部科学省が「教育の情報化ビジョン」で、情報手段を主体的に選択し活用していくための個人の基礎的な資質を、読み、書き、算盤に並ぶ基礎・基本と位置付けている。
一方、ICT技術の急速な広がりによって、サイバー攻撃は、組織だけでなく個人にとっても身近な脅威となってきた。マルウェアや不正アクセスは、情報漏えいだけでなく、ランサムウェアのようにデータを身代金奪取のための手段とする手口の増加などもあり、新たな情報セキュリティ上の脅威に対抗する必要が生じている。 本学においても、これら情報セキュリティの脅威から学内の重要な情報を守りつつ、新しい学びや先進的な研究に資することを目的とした教育・研究情報システムの整備を継続的に実施する必要がある。
アニュアルレポートは、各年度における教育研究向け情報システム基盤の整備実績と利用実態について報告している。


2018年度 アニュアル・レポート
2017年度 アニュアル・レポート
2016年度 アニュアル・レポート
2015年度 アニュアル・レポート
2014年度 アニュアル・レポート
2013年度 アニュアル・レポート
2012年度 アニュアル・レポート
2011年度 アニュアル・レポート
2010年度 アニュアル・レポート
2009年度 アニュアル・レポート
2008年度 アニュアル・レポート
2007年度 アニュアル・レポート
2006年度 アニュアル・レポート
2005年度 アニュアル・レポート
2004年度 アニュアル・レポート
2003年度 アニュアル・レポート

1994年から2002年までの基盤整備沿革はこちら