デジタル教材作成室



衣笠、びわこ・くさつキャンパスには教材やテストを作成できる施設があります。教職員だけではなく、事前に教員の申請により登録されたTA等の学生も利用できます。VHSやDVDなどメディア変換やダビング、地上波や衛星放送など番組の録画、動画編集、大判印刷、スキャンやカラー印刷などがきる機器を配備しています。

大阪いばらきキャンパスでのTAや教材作成補助の学生はICT-Lab. PCスペースを利用してください。


目次



場所・利用時間


衣笠キャンパス デジタル教材作成室


場所 有心館 3階

利用可能時間については、ルールで確認してください。



びわこ・くさつキャンパス デジタル教材作成室


場所 アクロスウイング 4階

利用可能時間については、ルールで確認してください。


利用の流れ


準備



STEP.1 施設に入室する


利用可能時間であれば、教職員証で開錠することで自由に入室できます。
非常勤講師/授業担当講師は情報教室カードキー貸出を利用してください。

TAや教材作成補助の学生といったサポート学生の入室は、事前に専任教職員による登録申請が必要です。
デジタル教材作成作成室サポート学生登録申請書RAINBOWサービスデスクに申請してください。
登録されているサポート学生はRAINBOWサービスデスクで入室用のカードキーを借りることができます。
サポート学生がカードキーを借りるときは学生証の提示が必要です。


利用



STEP.2 教材作成環境を利用する


デジタル教材作成室では例として、以下のように利用できます。

映像・音声の編集
自分で撮影・録画した映像(DVD・VHS)を音声を映像音声編集用パソコンに取り込み、必要な形式にファイ ル変換し、編集できます。また、CD・DVDなどのメディアに保存し、教室のデッキやパソコンでの再生が可能です。

資料のスキャン・印刷
複合機を使って、紙資料をパソコンにスキャンしたり、カラー印刷や大判印刷が可能です。

写真やファイルの取り込み・編集(衣笠のみ)
写真やフィルムをフィルムスキャナーを使ってパソコンに取り込み、データ化することができます。

映像教材を作成される際は「映像教材作成時の注意」を確認してください。


ルール


ルール 内容 備考
利用可能者 教職員、サポート学生
サポート学生とは、TAや教材作成補助など事前に教材作成室の利用を専任教職員により登録申請されている学生のこと
利用可能期間 開講期間中:平日9:00~20:00
閉講期間中:平日9:00~17:30
土日は閉室です
カードキーの貸出はRAINBOWサービスデスク開室時間に準ずる
利用ルール 有心館デジタル教材作成室の利用の手引き
アクロスウイングデジタル教材作成室の利用の手引き
参照


注意事項


・メディアの取り扱いについて、著作権に十分注意して、個人の責任のもと作業を行ってください。RAINBOWサービスデスクではメディアのダビング、編集等の作業は代行しません。


仕様


このサービスの仕様は公開しておりません。

申請


申請
備考
デジタル教材作成室サポート学生登録申請書 TA等のサポート学生を教材作成室に入室させるための申請

マニュアル


このサービスに関するマニュアルはありません。